「奇跡の一本松」は「復興記念貨幣」だけでなく今流通している硬貨にも刻印されればいいのに!

スポンサーリンク

3月5日から発売される「個人向け復興応援国債」の購入者にプレゼントされる「復興記念貨幣」の銀貨と金貨に「奇跡の一本松」とされる図柄と「がんばろう日本」というメッセージが刻印されることになったようです。少しでも日本を元気づけようという試みだが・・・

image

ほとんどのものをなぎ倒した東日本大震災の津波。岩手県陸前高田市の被害もひどいものでしたが、海岸に「奇跡の一本松」とされる松が話題になったことは記憶に新しいですね。あの松をどんな気持ちで見つめたかは、現地で被害に遭った人と、被害に直接会わなかった人のものとでは違うことでしょうね。

image

その気持ちを「個人向け復興応援国債」の購入者に忘れさせないように、贈呈される金貨や銀貨の裏面に「奇跡の一本松」の図柄と「がんばろう日本」という刻印が押さるようになりまさした。 毎日jp(毎日新聞)

「復興記念貨幣」に「奇跡の一本松」が刻印されるのは素晴らしアイディアだと思いますが、どうせなら今流通している500硬貨や100円硬貨などに刻印すればもっと良い記念になるのではないでしょうか?私たちが毎日使っているそのような硬貨に刻印されている「奇跡の一本松」を機会あるごとに眺めて、あの未曾有の大震災を忘れず、後世に自然の脅威と命の尊さと安全管理の大切さを伝えるほうが良いのではないかと感じます。

なおこの「奇跡の一本松」と「がんばろう日本」というメッセージが刻銘されている「復興記念貨幣」の銀貨と金貨は、第一回目の「個人向け復興応援国債」で1000万円以上の購入者にプレゼントされるとのこと。残り2回の国債発行がありますが、その際には別の図柄の「復興記念貨幣」が贈呈されるとのことで、図柄の案が公募されています。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事