一瞬で完了!PCからメモ 画像 リンクをスマホ(iPhone/Android)に瞬時に転送する方法!「Pushbullet」で楽々

スポンサーリンク

PCからiPhoneへテキスト(メモ)やリンク、画像/Wordなどのファイルを一瞬に送信、プッシュ通知で知らせてくれるアプリ「Pushbullet」に惚れました。何かと作業効率の良いPCとiPhone(Androidにも対応)の共同作業で威力を発揮しそうです。特に長文をPCで打ちこんだ後にスマホのLINEやメールで送信したり、Wordなどのオフィス文書を速攻でスマホに送りたい時です。

「Pushbullet」でPCからメモ 画像 リンクをスマホ(iPhone/Android)に瞬時に転送


スマホ(iPhone/Android)に一瞬で転送できる「Pushbullet」

iPhoneの作業効率はゲーム以外では非常に悪いですね。特にLINEやメールで長文のテキストをタイプしなければならない場合、非常にイライラします。神業のような速さでフリック入力する方でも、PCでのキーボード入力に比べればお粗末なものです。

入力効率を上げる方法の一つはPCでメモや文章をちゃちゃっとタイプしてスマホに送り処理する方法があるわけですが、これって実は沢山の方法があるんですよね。たとえば、Gmailのメモ機能、iCloudメモ機能、Evernote を利用する方法です。なかでも最速なのはプッシュ通知をしてくれるGmailアプリでしょう。

そのGmailに勝るとも劣らず使い勝手がよいサービスがPushbullet です。冒頭の画像のように、PCのブラウザからメモやファイルを専用アプリをインストールしているスマホ(iPhone)に一瞬で送信してくれます。

送信可能なものは以下のとおり。

  1. テキスト(メモ)
  2. PCのブラウザで表示中のWebページのリンクとコメント。
  3. 画像、Wordなど様々なファイル

PCからスマホに送る準備

では利用する前に、簡単な準備です。まずスマホ側から。スマホのOSごとに専用アプリをインストールしてあげてください。

imageiOS・・・Pushbullet on the App Store on iTunes

Android・・・Google Play

もちろん無料です。インストールした後に起動しGoogleアカウントでログインし、プッシュ通知を許可しておきます。

image

次にPC側ですが、ブラウザに会わせて拡張機能をインストールし、Googleアカウントでログインしておきます。(必ずしも拡張機能は必要ありません。ブラウザからPushbullet に直接アクセスして利用可能です。対応アドオンがないIEは直接アクセスして利用します。)

以下はChromeの拡張機能のインストールです。

image

インストール後に拡張ボタンをクリックしてGoogleアカウントでサインアップしてください。表示される画面に従って承認します。

image

利用法

では、早速PCからスマホにメモやリンクならびに画像などをプッシュ通知してみましょう。以下に拡張機能をインストールしたChromeとiPhoneで説明します。

リンクを送信

まず、PCのChromeブラウザで表示中のWebページのリンクをiPhoneに送信したい場合です。Googleアカウントでログイン済みのChrome拡張機能ボタンをクリックします。準備の段階で同一Googleアカウントで連携された送信先デバイスが表示されますので、それを選択します。

2014-11-10_10h35_33

下部メニューから「リンク」を選択すると、表示中ページの「URL」と「タイトル」が自動入力されます。また「メモ」も入力可能です。最後の「プッシュ」をクリックします。

image

一瞬でiPhoneにプッシュ通知され、それを開くとアプリ内臓ブラウザでWebページが表示されますよ。

image

メモ(テキスト)を送信

テキスト形式のメモをPCからiPhoneに送信することも簡単です。下部メニューの「メモ」を選択して、件名と内容を記述し「プッシュ」するだけです。

image

メールなどですぐに共有可能ですよ。(実はこれをキャリアメールで利用したかった!PCからのメールを携帯で受信することを拒否している人が多いからです。)LINEの場合は下の「Copy(コピー)」を選択してLINEを立ち上げメッセージに張り付けるだけ。

image

ファイルを送る

最後に Pushbullet でファイルを送信する場合です。画像やWordファイルを試してみましたがいずれもOKでした。

まず下部メニューから「ファイル」をクリックして、PC内の画像をドラッグ&ドロップし「プッシュ」だけです。

image

以下のように受信履歴のトップに画像が表示されました。

image

Word文書も送信してみました。見事に閲覧可能です。右上の共有ボタンから昨日無料になったMicrosoft Word(for iPhone/iPad)で開くことも可能でした。コピーして利用するなら編集も可能になります。Dropboxで同期するより速いかも。

image

なおブラウザの拡張を利用しなくても Pushbullet で直接送信することも可能です。拡張機能が準備されていないIEでの利用も可能なわけですね。

image

以上 Pushbullet を利用してPCからテキストやファイルをプッシュ送信する方法でした。実は、アプリ側からも同様に同一Googleアカウントで紐づけられたPCやタブレットなどのデバイスにプッシュ通知できますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事