「iCloudフォトライブラリ」とは?iPhoneの写真容量を節約可能 でも注意点あり【iOS 8.1】

スポンサーリンク

「iOS 8.1」の写真管理関連の新機能として「iCloudフォトライブラリ(iCloud Photo Library)」が追加されました。写真を撮影すると1分もかからずiCloudへアップロード(Wi-Fi経由の場合)してくれます。ストレージを節約したいiPhoneユーザーに便利な「iPhoneストレージを最適化」も可能。他にも「カメラロール」が復活しています。詳細を以下にメモ。

image

 

iCloudフォトライブラリ

新機能として「iCloudフォトライブラリ」が追加されました。一般のストレージサービス同様の利用法へ移行しているiCloudですが、写真を自動的にiCloudに保存できるようになり、同Apple IDでiCoudにログインしている他のApple端末(iPad/iPod touch)で同期されます。(⇐「iCloud写真共有」をONで)

PCでも iCloud へアクセスすればWeb上で確認できます。

「フォトストリーム」との違い

「これって共有できる『フォトストリーム』と同じじゃん?」と勘違いしそうです。「フォトストリーム」とはiCloudのストレージの消費はせず、30日間のみ保存されるというアップルの無料サービスです。ですから「フォトストリーム」は一時的共有という位置づけです。

「iCloudフォトライブラリ」の注意点

では「iCloudフォトライブラリ」はiPhoneで撮り貯めた写真のバックアップになるのでしょうか?どうやらバックアップにはならないようです。動作はほぼ同期です。これは確認済みですがiPhoneから写真を削除すると、iCloudでも削除さます。

さらに注意点を挙げるとすれば、「iCloudフォトライブラリ」を有効化すると、iOS 8.1 から復活した「カメラロール」や「自分のフォトストリーム」は表示されません。その代わりに「すべての写真」になります。

iPhoneで撮影された写真や動画、スクリーンショットはWi-Fi経由で速やかにアップロードされます。私が試したところ写真を1枚撮影すると30秒以内にiCloudへアップロードされました。

iCloudフォトライブラリの使い方

「iCloudフォトライブラリ」を有効にするには「設定」から「写真とカメラ」へ行き「iCloudフォトライブラリ」をONにします。すぐにアップロードが開始されます。

2014-10-21 16.33.57

「iCloudフォトライブラリ」のオプションは2つあります。

iPhoneストレージを最適化

「iPhoneストレージを最適化」は、iPhone本体ストレージに解像度を抑えた写真とビデオが保存され、オリジナル解像度の画像がiCloudにアップロードされるようです。

オリジナルをダウンロード

「オリジナルをダウンロード」ですが、説明によるとiPhoneにはフル解像度の写真とビデオが保存され状態が維持されます。

image

「オリジナルをダウンロード」という名称は紛らわしいく感じます。おそらく、「iPhoneストレージを最適化」をオンからオフに変更すると、iCloudに保存されていたフル解像度の写真がiPhoneにダウンロードされて、解像度を抑えた写真と入れ替わるという意味だと考えられます。

image

上記のオプションは写真を撮り貯めたためにストレージを圧迫しているiPhoneユーザーにとっては重宝する機能ではないでしょうか?

カメラロールが復活

加えて iOS 8.1 では見事カメラロールが復活しております。カメラロールの機能はiPhone初心者であった私を混乱させておりましたが、一旦慣れてしまうと結構便利だと思えるようになっていました。それが iOS 8 からはこの機能が抹消されていたのです。(上記の「iCloudフォトライブラリ」をONにしている場合は)

しかし熱狂的なiPhoneファンから復活の熱望を受けて復活するに至ったわけです。

image

以上、iOS 8.1 で変更された写真関連の機能でした。低ストレージ端末を利用している私のようなユーザーには「iCloudフォトライブラリ」は心強い見方です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事