「iCloudフォトライブラリ」とは?iPhoneの写真容量を節約可能 ?5GB問題の解決策とは?

スポンサーリンク

「iOS 8.1」から写真管理関連の新機能として「iCloudフォトライブラリ(iCloud Photo Library)」が追加されました。写真を撮影すると1分もかからずiCloudへアップロード(Wi-Fi経由の場合)してくれます。ストレージを節約したいiPhoneユーザーに便利な「iPhoneストレージを最適化」も可能。でも誤って写真を消失してしまう可能性があったり、無料枠は5GBまでなどの問題もあります。解決策等を以下にメモします。

image

 

iCloudフォトライブラリ

どんな機能?

「iOS 8.1」から登場した「iCloudフォトライブラリ」。

一般のストレージサービス同様の利用法へ移行しているiCloudですが、写真を自動的にiCloudに保存できるようになり、同Apple IDでiCoudにログインしている他のApple端末(iPad/iPod touch)で同期されます。(⇐「iCloud写真共有」をONで)

PCでも iCloud へアクセスすればWeb上で確認できます。

「フォトストリーム」との違いは?

「これって共有できる『フォトストリーム』と同じじゃん?」と勘違いしそうです。

「フォトストリーム」とはiCloudのストレージの消費はせず、30日間のみ、かつ最大1000枚まで保存されるというアップルの無料サービスです。ですから「フォトストリーム」は一時的共有という位置づけです。

スポンサーリンク

「iCloudフォトライブラリ」の注意点

同期なので間違って削除する可能性あり

では「iCloudフォトライブラリ」はiPhoneで撮り貯めた写真のバックアップになるのでしょうか?

実は「iCloudフォトライブラリ」はバックアップではありません。動作は同期です。これは確認済みですがiPhoneから写真を削除すると、iCloudでも削除さます。同じApple IDでログインしている他のデバイスでも同じです。

これが厄介なんですよね。

バックアップと同期の違いをよく分かっていない場合に問題になります。

iPhoneの「iCloudフォトライブラリ」をONにして、iPad、Mac、Windows で閲覧できるようになるのはいいですが、誤ってこれら他のデバイスから削除しまったらどうなるでしょうか?

削除も同期されます。つまりiCloudからも、撮影した iPhone からも削除されてしまうのです。

消失の可能性が少ないハードディスクが一つあると安心

このようなミスが起こりにくいのが同期ではなく一方向のバックアップです。

一旦他のデバイスやストレージにバックアップ保存した場合、iPhoneから削除しても、保存先からは削除されません。また、保存先から削除しても、iPhoneからは削除されないのです。

ですから、ミスで削除を恐れるなら、バックアップできる記憶デバイス(ハードディスク)が一つあると超安心ですよ。

たとえばこれ↓。

このネットワーク対応ハードディスクなら、パソコンなど不要でスマホ内の新しい写真を、家に帰ってきた時点でWiFi経由で自動バックアップ(保存)してくれます。

そしてiPhoneから写真を削除しても、WiFiでハードディスクに接続して閲覧したり、iPhoneへダウンロードしてくれます。

もっとおすすめなのはこれ↓。

これは充電器を兼ねたネットワーク対応ハードディスク。

iPhone付属の充電器と同様に高速充電してくれるだけでなく、充電中に新しい写真を自動でバックアップしてくれる新商品です。もちろんパソコンなど不要。

固定回線のルーターに接続しておけば、外出先からこのハードディスクデバイスに接続して、世界のどこからでも写真を閲覧できます。今大流行りの Instagramとも連携可能です。

もちろんiPhoneだけでなく、SDカードの写真でも、パソコンの写真でもどんど保存しちぇえます。

無料は5GBまで

話を「iCloudフォトライブラリ」に戻します。

「iCloudフォトライブラリ」はiCloudのストレージを消費する点です。

当然ですが iCloud はGooleドライブやDropbox等と同じオンラインストレージサービスの一つです。写真をどんどん保存して無限に使えるはずがありません。

iCloudの無料枠は5GBです。これって普通に写真を撮っていればすぐに一杯になります。

5GB以上をiCloudに保存したい場合は、有料プランに入る必要があります。

プラン 月額 料金
5 GB 無料
50 GB 130 円
200 GB 400 円
2 TB 1300 円

iPhoneで写真をどんどん撮りたい方は、軽く数年で100Gを突破します。

解決策は?

  • 有料プランに入りたくない方
  • かつ、同期による写真の消失をどうしても防ぎたい方

は、上述した写真をパソコンなしで自動保存してくれるハードディスクを一つ持っておくことが解決策となります。安心できますよ。

iCloudフォトライブラリの使い方

さて「iCloudフォトライブラリ」の話に戻りましょう。

この機能を有効にするには「設定」から「写真とカメラ」へ行き「iCloudフォトライブラリ」をONにします。すぐにアップロードが開始されます。

2014-10-21 16.33.57

「iCloudフォトライブラリ」のオプションは2つあります。

iPhoneストレージを最適化

「iPhoneストレージを最適化」は、iPhone本体ストレージに解像度を抑えた写真とビデオが保存され、オリジナル解像度の画像がiCloudにアップロードされるようです。

オリジナルをダウンロード

「オリジナルをダウンロード」ですが、説明によるとiPhoneにはフル解像度の写真とビデオが保存され状態が維持されます。

image

「オリジナルをダウンロード」という名称は紛らわしいく感じます。おそらく、「iPhoneストレージを最適化」をオンからオフに変更すると、iCloudに保存されていたフル解像度の写真がiPhoneにダウンロードされて、解像度を抑えた写真と入れ替わるという意味だと考えられます。

image

上記のオプションは写真を撮り貯めたためにストレージを圧迫しているiPhoneユーザーにとっては重宝する機能ではないでしょうか?

カメラロールが復活

加えて iOS 8.1 では見事カメラロールが復活しております。カメラロールの機能はiPhone初心者であった私を混乱させておりましたが、一旦慣れてしまうと結構便利だと思えるようになっていました。それが iOS 8 からはこの機能が抹消されていたのです。(上記の「iCloudフォトライブラリ」をONにしている場合は)

しかし熱狂的なiPhoneファンから復活の熱望を受けて復活するに至ったわけです。

image

以上、iOS 8.1 で変更された写真関連の機能でした。低ストレージ端末を利用している私のようなユーザーには「iCloudフォトライブラリ」は心強い見方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク

コメント

  1. 木村由美 より:

    無知な主婦です。iフォン歴4年目ですが写真、動画を撮りためて直ぐにキャパを超えて保存をどうするのか悩みグーグルブォトアプリをダウンロードしました。同世代の方々は同じ悩みです。矢張りsdカードにバックアップできるAndroidが便利だと思います。それ以外は満足ですが少し考えて欲しいです。