iCloud Drive の使い方!Windows ユーザーは早速アップグレードして使用

スポンサーリンク

iPhoneのバックアップ程度にしか利用できなかったiCloud が iCloud Drive にアップグレードし普通のオンラインストレージのように利用できるようになりました。WindowsユーザーはMacユーザーより一足早く対応されたので使い方を確認してみました。

iCloud Drive

最近リリースされトラブル続きの iOS8 ですが、iOS 7 からのアップグレード時にかならず iCloud から iCloud Drive へのアップグレード確認画面が現われます。ネットの書き込みによると iCloud Drive へのアップグレードは控えるようにとありましたが、私のように母艦となるPCはWindows で、他のiOSデバイスも iOS 8 にアップグレード済みならOKです。

というのは2014年09月26日現在では iCloud Drive は iOS 7 や OS X からは一部 iCloud Drive を一部正常に利用できない状態になるからです。間もなく改善されるでしょうけどね。

Windows ユーザーの私には問題なく使えそうなのでアップグレードしました。対応アプリが少ないので現時点ではDropboxやGoogleドライブのようには利用できませんが、アップデートしても引き続き旧 iCloud のように「画像」や「連絡先」などの同期は問題なく可能です。

まず iOS 8 をインストール済みのiPhoneの設定です。「設定」から「iCloud」へ、さらに「iCloud Drive」をタップ。

image

「 iCloud Drive にアップデート」をタップすると更新されます。しばらくすると右の画像のよに iPhoneにインストールしているアプリの中で iCloud Drive に対応したアプリ一覧が表示されます。(不思議なことにDropboxがあります「?」)

image

さて次にWindows PC の iCloud クライアントソフトの準備です。インストールしていない方は、iCloud からどうぞ。(すでにインストール済みの方は、Apple Software Update でアップデートします。)

image

普通にインストールしていきます。(現在はiCloudのバージョンは 3.1です。 iCloud Drive は4.0に搭載されています。ですからまず 3.1 をインストールした後に「Apple Software Update」でアップデートします。)

image

再起動が求められますので素直に従います。

image

タスクバーに現れた  iCloud のアイコンをクリックして次に「iCloud を開く」をクリック。

image

ここで以下のように4.0となっていない場合は次に述べるようにApple Software Updateで更新します。

image

Apple Software Update はWindowsでは大抵[C:\Program Files (x86)\Apple Software Update]に格納されています。その中から「SoftwareUpdate.exe」起動します。

image

iCloud for Windows の4.0にチェックを入れて「インストール」します。

image

再び iCloud を起動すると4.0になっているはず。ツールリストの最初に  iCloud Drive が表示されています。チェックを入れて「適用」をクリック。

image

Apple ID のパスワードを入力して「OK」を押せばWindows の設定は終了です。

image

エクスプローラーを立ち上げると、しっかりと同期フォルダ「iCloud Drive」が作成されています。(試しに「Windows と同期するドキュメント」というフォルダを作ってみました。)

image

ここにドキュメント、画像ファイルを入れておけば、同一Apple IDで運用しているあらゆる端末からアクセスできるようになります。ただし対応アプリを通してですけどね。

以下はiOSで自炊できるスキャンアプリ「Scanner Pro」ですが、しっかりiCloud Drive に対応しています。ここに保存しておけば、Windows PC でフォルダに同期されるわけですね。

image

なお iOS 8デバイス(iPhone/iPad/iPod touchなど)から、 iCloud Dirive に保存したファイルへのアクセスは対応済みアプリから可能です。もちろん他のWindows PC にもクライアントソフトを入れておけば、同期されたエクスプローラーから簡単にアクセス可能です。

なお以下のiOSファイラーアプリで iCloud Drive に直接アクセスでき、アプリ内で doc, docx, xls, xlsx, pdf, png, rtf などのファイルを閲覧できます。つまりWord文書やPDFドキュメントを表示可能です。また、連携しているアプリに渡したり、Dropboxと連携させることも可能です。

imageCloudDocs
カテゴリ:ユーティリティ
価格:100円(変動有り)

以上、iOS 8 から導入された iCloud Drive を Windows PC で同期する方法でした。対応アプリが増えれば使い勝手が各段に向上してゆくでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事