「iCloud Drive」を徹底活用できるファイラーアプリ2選と対応待ち3選、おまけ2つ

スポンサーリンク

iCloud が進化して一般のオンラインストレージ(Google Drive,Dropboxなど)とほぼ同じ扱いができるようになった「iCloud Drive」。でもApple謹製iOSファイラーアプリはありません。しかしサードパーティー製のファイルビューアアプリが次々に「iCloud Drive」に対応して、保存したファイルやフォルダを閲覧/整理/ダウンロード/アップロードできるようなっています。以下に「iCloud Drive」を徹底活用できる定番ファイラーアプリを紹介します。

iCloud Drive 対応アプリ Documents 5


「iCloud Drive」対応済み定番ファイルビューア2選

しばしばファイラーとかファイルビューアと紹介されるアプリですが、前者はファイル操作を、後者はファイルを閲覧・再生することを特徴とした呼び名です。しかしいずれも同じような機能を持っており区別する必要はないと思われます。

まず「iCloud Drive」に完全対応した無料アプリからです。

2014-05-29_16h09_42Documents 5 – 高速 PDF リーダー、メディアプレーヤー、ダウンロードマネージャ
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(変動あり)

Documents 5 は無料のファイラー(ファイルビューア)では最強と思います。

Office文書、PDF、画像、音楽、ビデオの閲覧が可能ですし、開けないファイルでも他の連携したアプリに渡して閲覧/再生などが可能。PDFは注釈を入れる編集機能があります。Google Drive、OneDrive、Dropboxにもフルアクセスして必要なファイルをダウンロード/アップロードできます。

そして「iCloud Drive」ですが、「Documents 5」専用のフォルダだけでなく、他のアプリやPCで利用しているファイルも全て表示可能です。これがフルアクセスの意味です。つまりPCのファイルエクスプローラーのような使い方ができます。最強のファイルビューアアプリです。


imageGoodReader
カテゴリ:仕事効率化
価格:500円(変動あり)

言わずとしれたiPhone定番のファイルビューアアプリの GoodReader。「iCloud Drive」にフルアクセスできる有料のファイルビューアとしては最高レベル。

一般庶民が利用する、ドキュメント、画像関連はほとんど閲覧可能です。上記の「Documents 5」同様に様々なストレージサービスやサーバーにアクセスできファイルのアップロード/ダウンロードが可能です。

「iCloud Drive」対応待ち定番アプリ

以下は評価の高いファイルビューアのですが、現時点では「iCloud Drive」フルアクセス対応待ちです。

image File Hub

image FileExplorer

image

iFiles

「iCloud Drive」専用ファイラーアプリ

以下の2つのアプリは今後に期待できる「iCloud Drive」専用ファイラーアプリです。(今のところバグがあり不安定さが確認されています。)

imageCloudDocs
カテゴリ:ユーティリティ
価格:100円(変動あり)

Word文書、PDF、画像ビューアに対応したファイルを「iCloud Drive」から閲覧できるファイラーアプリとされています。

image

対応ファイルはアプリ内でプレビュー可能ですし、連携アプリへ渡すことも可能。(2014年10月20日時点ではバグがありそうです。レビューで不具合が報告されています。)


imageCloud Drive Explorer
カテゴリ:ユーティリティ
価格:無料(変動あり)

次に Cloud Drive Explorer つまり 「iCloud Drive エクスプローラー」です。名前の通り、「iCloud Drive」の全フォルダにアクセス可能となっております。(2014年10月20日時点では挙動がイマイチ不安定で不具合があり、PDFファイルなど閲覧できませんでした。要改善です。)

以上、Appleがストレージサービスに進化させた「iCloud Drive」対応ファイルビューアアプリでした。「iCloud Drive」を徹底的に活用したいと思うiPhone/iPadユーザーには必須のアプリになることは間違いありませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事