【技ありiPhone-アプリ編】手書きアプリなら無料「7notes mini Free (J) for iPhone」で十分!

スポンサーリンク

iOS用の手書きアプリは有料・無料はたくさんありますが、メモ程度なら無料のアプリで十分な気がします。特に「7notes mini Free (J) for iPhone」は超お気に入りになりました。ではその使い方とは?

image


手書きアプリの決定版「7notes mini Free (J) for iPhone」

iPadなどで本格的に手書きのイラストを描こうとするなら有料しかも格安で秀逸なアプリがたくさんありますが、iPhoneでメモ程度の手書きアプリなら無料で十分みたいですね。

まず7notes mini Free (J) for iPhoneは有料版にあるテキスト変換機能(OCR)はないようですが、メモ機能だけ必要という方は十分な機能が付いています。また年賀状、暑中お見舞い、などのたくさんのグリーティングカードのフレーム(台紙)もダウンロードできてます。手書き文字と一緒に添付画像としてメールで送信可能など、無料とは思えない機能盛りだくさんです。

image

7notes mini Free (J) for iPhone
カテゴリ:仕事効率化,
価格: 仕事効率化

まず、初回起動は以下の画面が表示されます。ひとまず手書きでメモしてみましょう。

右上の「新規」をタップ。

image

下の欄に指を当てて手書きします。右の「→」のに入ると自動でスクロールされ手書きスペースが表示、どんどん右に記入ができます。

image

画像の右下(⑥)をタップすると、上部のメモ欄に「保存」され、もう一度⑥をタップすると、改行されます。これを繰り返し、リスト形式でメモることができます。左上の一覧からそのメモをいつでも呼び出せます。

image

画像として保存する場合は、③「Conect」をタップして「画像に変換いてアルバムに保存」を。そうするとiPhoneのアルバムに画像として保存され、メモとして呼び出せます。

ちなみこの③「Conect」から、FacebookやTwitterで共有したり、メールとして画像送信も可能です。プリンターで印刷も可能。なお、「メール」で「テキスト」として送信したり、「SMS」での送信はテキスト変換機能付きの有料版でしかできません。

image

そのほか、以下のように下部のメニューバーから以下のような機能へ移動可能です。

①メニュー
②戻る
③メール、PDF、画像保存など
④スペース挿入
⑤バックスペース
⑥改行

設定は①メニューからです。フリーハンドは「Stroke」、キーボード入力は「Keyboard」へ。線の色や太さもここから変更可能です。他にメモの書式もここから変更できます。

image

「設定」からは「縦向き時の手書き段数」や「自動スクロール」の切り替え、入力待ち時間の設定などを変更します。

image

「一覧」の下部メニューの「Gallery」からは、様々なフレーム(台紙)を無料でダウンロード可能です。

image

暑中お見舞いや年賀状のフレームがたくさん用意されています。ここからグリーティングカードのフレームをゲットできます。

image

数ある手書きアプリの中で、「7notes mini Free (J) for iPhone」は無料版とは思えないほど使いやすく、高機能ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事