「シルバー向け自動車」(シルバー車)の規格とは?カッコよすぎる最優秀デザインの車とは?

スポンサーリンク

最近、自動車保険や自賠責保険の保険料が上がっていること話題になり、高齢者が起こす交通事故が原因であることが明らかになりましたね。そこで「シルバー向け自動車」の開発が急務になっていいるようです。その募集されたデザインの中でも最優秀デザインがカッコよすぎるのです!これなら若者でも購入してドライブ旅行に出かけたくなりますよ。では、

20110203145542

「シルバー向け自動車」の開発コンセプトとは?

カッコよすぎるシルバー車の最優秀デザインとは?

「シルバー向け自動車」の開発コンセプトとは?

お年寄りに優しい車と一口に言っても、かなり複雑で多岐にわたる問題が含まれているようですね。

高齢者にやさしい自動車開発プロジェクトによると以下のような車が、シルバー車の開発コンセプトだそうです。

  • 乗車定員は2人以下
  • 最高時速は60km/h
  • 電気自動車で一回の充電で60km走行可能
  • ボディー・・・幅1.4m、車高1.5m

上記の「シルバー向け自動車」の規格はお年寄りの身体能力や判断能力、行動範囲を想定してのことだと思いますが、かなり小さい自動車になりそうですね。

20110203150648

あまりに小さいために、一般車道ではない狭い生活道路も通れそうで、それはそれで危険がはらんでいそうです。

とはいっても、ドラバーの高齢化の社会や経済へ影響の大きさを考えると、このシルバー車の規格を早めに決定して、自動車会社がいち早く開発に取り組めるようにしてほしいと思いますね。

スポンサーリンク

シルバー車の最優秀デザインとは?

ところで、上記の2つのシルバー車のデザインは、高齢者に優しい自動車開発推進知事連合が、高齢者向けの車体デザインとして応募された約500点の中から選ばれた、最優秀賞の2つです。かっこいいですね。これなら私が高齢者になったとしても是非乗ってみたいシルバー車のデザインです!

20110203151701 20110203151723

どの角度から見てもカッコいいシルバー向け自動車です。これなら若者も買いそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事