自由に選べる「ポケット保険」!三井住友カード会員むけに三井住友海上火災保険が販売

スポンサーリンク

クレジットカードに賠償などの付帯保険が付いているものがあることは知られていますが、最近は本格的にミニ保険を付けることができるクレジットカード増えているようです。そこで新たに三井住友カードの会員向けに、障害による死亡・入院などの「ポケット保険」を三井住友海上火災保険が販売するようです。月額掛け金が40円から手軽に加入できるプランを用意しているらしい。

image

三井住友カード会員向けの「ポケット保険」

三井住友カード会員向けに加入できる「ポケット保険」の種類は、障害死亡保険、障害による入院保険、賠償保険、など。月額40円から自由に選択して契約できるようです。加入方法はネット契約になりそうです。保険の提供開始は2012年6月21日です。日経プレスリリース

報道では、以下のように、障害死亡・後遺障害、障害入院、障害入院・通院などの基本補償プランに傾向品損害、個人賠償責任などのオプションプラン(特約)を自由に選ぶことが可能です。

image

さらに「自由設計コース」に加え、自転車コース、ゴルフコースなど13種類ほどの「モデルコース」などのあらかじめ組み合わせたセットプランがあります。

image

 

ところで上記の「ポケット保険」のようなクレジットカード会員向けの「ミニ保険」はすでに各社から販売されているようです。

たとえば、JCBカード会員には「トッピング保険」というミニ保険が2012年4月16日から販売されています。以下の5つのプランです。

  • 「携行品プラン」・・・・国内外を問わず、自宅外において携行品の損害補償。(月額280円)
  • 「旅プラン」・・・旅行中や日常生活におけるケガの補償。(月額360円)
  • 「日常生活賠償プラン」・・・文字通り日常による様々な損害補償。(月額130円)
  • 「自転車プラン」・・・自転車利用中のけがや歩行者との接触事故。(月額300円)
  • 「ゴルフプラン」・・・ゴルフ中のケガや賠償責任を補償。ホールインワン・アルバトロス費用も補てん。(月額360円)

image

また、セゾンカード会員向けには「テニス安心保険」「ゴルフ安心プラン」「いつでも安心プラン」などのミニ保険が充実している「スーパーバリュープラス」保険が販売されています。これらのミニ保険にはすでに会員が100万人いるそうです。

image

上記の三井住友カード向けの新ミニ保険である「ポケット保険」が、既存のクレジットカードにオプションで付帯できるミニ保険にどこまで対抗できるでしょうか?