都民・県民共済と保険はどっちがお得?「がっちりアカデミー」圧倒的に共済がお得な理由とは?

スポンサーリンク

保険マニアの私にとって、お金のソントクに関する「がっちりアカデミー」で取り上げられた共済と保険のソントクは興味がありました。

県民共済

保険と県民共済やコープ共済、JA共済とはどんな違いがあるのでしょうか?どっちが得なのでしょうか?

保険と共済は何が違うか

保険・・・民間の保険会社が運営している助け合いの制度です。(不特定多数が加入できます)

共済・・・利益を求めない組合が行っている、法律のもとで運営している組織です。(組合員になることで加入できます。たとえばJA共済なら農協組合に加入しなければなりませんね。農業に携わっていなくても加入可能です)

ソントク先生たちの反応は以下の通りです。

  • 掛け金が安いのは?・・・やっぱり共済ですね。
  • 保障が高いのは?・・・やっぱり保険だ。
スポンサーリンク

保険と共済はどっちが得?

ソントク先生たちの評価によると、将来的にはどっちがいいの?という質問に対して、山口先生以外はすべて、共済がいいということになりました

共済のほうが割がいいという意見に関しては以下の通りです。

掛け金が安いのは共済

具体的な保障について考えてみましょう。30歳男性、400万円死亡保障、入院日額は5千円の場合、月々の掛け金は?

  • 保険3000円
  • 共済2000円

細かな保障や、条件が違いますが、ざっくり言うと上記のように月々1000円も音うな共済です。これは大きいですね。

割戻金や様々な特典ありの共済

さらに共済は掛け金が返ってくる場合がある。つまり20%程度の割戻金が返ってくることが多々あるのです。保障に使われなかったお金が年に一度清算されます。

さらに共済には様々な特典があります。たとえば都民共済なら、格安でブライダル関係のレンタルができたりする。ウエディングドレス、指輪、ハネムーンなどが割安で利用できるのです。以下は埼玉県民共済のブライダルサービスです。ゴールドプラン|県民共済

image

保障に関しては保険のほうが良い!

保険がいいという意見は、共催には保障の額が低く、自分の環境に合わせてカスタマイズしたり、保障を組み合わせてプランを組むことができないというものがあります。保険はタクシーのようで、共済は乗り合いバスのような感じですね。

確かにお金のない若い夫婦のような立場は共済がいいかもしれませんが、子供がいてしっかり章うらいの保障を考えれれば、保険がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事