「舌磨き」は口臭の予防に不可欠!口臭の元「舌苔」をクリーンタングで除去しよう!舌磨きを始めました!

スポンサーリンク

最近は若者に限らず多くの世代で「舌磨き」がすすめられているようです。なぜなら気になる口臭のもとは、舌の上のネバネバの”舌苔”というものらしい。この舌苔はどうやら細菌が繁殖しているプラーク状のもの。腐った玉ねぎの匂いがするそうです。 20100414165812

口臭の原因であるこの舌苔を根こそぎそれも舌を傷つけずに取れたらいいですね。それが、「クリーンタング」(ユニロック)という人気商品。昔やっていた「あっかんべー」と舌を出して、口臭の原因の舌苔を根こそぎ除去できる優れものの一品です。

舌苔は口臭の原因だよ!

歯磨きを怠ると、細菌の塊である歯垢が悪さをして口臭の原因になるということはよく聞きますね。では”舌苔”とは?

じつはこの舌苔とは歯垢とほとんど同じだそうです。舌には意外と細かい食べカスが残っているようです。このまえ青のりたっぷりのお好み焼きを食べた後に、口を水ですすいだにもかかわらず、舌磨きでいっぱい青のりがでてきました。そうです、舌には食べ物の小さな残りがいっぱい付着しているのです。

それに加えて、舌には口の粘膜のはがれおちたもの(皮膚で言うなら垢”アカ”)も沢山くっ付きやすいようです。どうりで舌はざらざらしていると思った。

この舌苔が口臭の原因である、腐った玉ねぎや温泉卵の匂いのする硫黄性の化合物を発生させるそうです。

とくに睡眠時には、細菌を殺す成分を含んでいる唾液の量が激減します。そこで舌に残った食べ物のカス、舌の垢を腐敗させて、口臭がきつくなるのです。朝起きて歯磨きやうがいをしていない人との会話はきついものがありますね。

スポンサーリンク

舌磨きのすすめ

20100414165715

そこでこの口臭の元である舌苔を排除するために、舌磨きが勧められています。しかし従来の舌磨きブラシでは直接舌の組織を傷つけてしまうことが多いそうですね。

「クリーンタング」で傷つけずに舌磨き

そこで舌苔を取るための舌磨きは、「クリーンタング」という製品がおすすめです。このクリーンタングはとても柔らかい樹脂でできていて、舌の組織を傷付けにくくなっています。

リングの表は柔らかいタッチのU字状になっていて、裏部分は鋭いV字型のエッジが付いています。

クリーンタングの使い方

表のU字のほうで、一日一回、軽く2,3回こする程度で十分なようですね。わたしの場合はついつい鋭いほうでごしごしやってしまいがちですが、表のほうで軽くなでる程度で十分らしいですね。あとは口をしっかりゆすぎましょう!

クリーンタングで口臭の原因である”舌苔”を根こそぎ除去できるなら、安心して友人との会話も弾みますね。

PCからのアクセスはこちらから↓。

モバイル(携帯)でアクセスは右からどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事