被ばくを最小限に防ぐ方法!心配し過ぎからのストレスで不調に陥らないために!

スポンサーリンク

東北関東大震災の福島原発からの放射能降下物に恐怖を覚えている人が少なくありませんせね。しかし必要以上に心配するなら、大きなストレスを抱え、そのストレスによる身体の不調のほうが懸念されているようです。20110321075418

ですから、避難先や屋内退避命令が出ている地域、またその周辺にお住まいの方は、自分で被ばくを避けるためにできることを行った後は、楽観的な考え方をして、できるだけいつものように日常生活を送る必要がります。

では被ばくを最小限にする方法とは?

被ばくを最小限にする方法

朝日新聞の朝刊にまとめられていました

屋内でできること

それは空気の出入りを最小限にすることですね。20110321075544

  • 窓やドアをしっかり閉じ、すきまにテープなどで目張りをする。
  • 換気扇は控える。

外出しなければならない場合

この場合もはやり空気との接触を最小限にする必要があります。

  • 20110321075658 風下へは行かない。
  • 長袖の服、できるならカッパなどで皮膚が露出しないように。
  • 口は鼻を濡れたタオルでふさぐ。
  • 傷口は必ず覆う。

帰宅時にすべきこと

上記のように外出先から帰ってくる場合です。20110321075730

  • 空気と接触した服やカッパはポリ袋に入れて密封する。
  • シャワーを体を洗う。

補足・・・当然ですが屋外においてあった食べ物は口にしてはなりません。

以上のように、被ばくの被害を最小限に食い止めるために、自分や家族の可能な範囲でできることを行って、なるだけ日常生活をすべきですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク