お茶の水ハカセ「デザインテープでリフトアップ」、しわ が消える「フェイスリフトマシン」、宝田恭子の「ほうれい線」消去

スポンサーリンク

またもや「お茶の水ハカセ」という番組で、ほうれい線やしわが気になる私の嫁が飛びつく内容が放送されましたね。そんなに簡単に”ほうれい線”などの”しわ”をなくし、ほおや目のまわりのフェイス リフトアップができるのか?

20100223212053

若返りのキーワードは「デザインテープ」と「歯ブラシ」にあった。これならお金をかけずに、5-10才若返れますね。

目ため年齢の敵、ほうれい線

ほうれい線は重力によって年と共にはっきりしてゆきますね。では、この深くなったほうれい線をどのように薄くし見た目年齢を5-10才も若くできるのか?今回のお茶の水ハカセの若返りSP!ではかづきれいこ さんのリフトアップ方法が紹介されましたが、これがすごい!

メイク以上、整形未満のリフトアップ方法

年とともにたるんだ目もリフトアップさせるのは、魔法の”デザインテープ”だ。この張れば見えなくなるデザインテープで「お茶の水ハカセ」に出演したジャガー横田の顔が10才若返って見えるよになったのに私の妻も驚いた。

デザインテープで若返る方法

かづきれいこ先生直々のご伝授でしたが、まずはスポンジで目のむくみをとるります。目も横にもたるみをなくすように下から上へあげながらデザインテープを張る。

されに”ほうれい線”を消すために、耳のうしろにデザインテープを貼りほほを後ろに引っ張るように貼ります。見事にほうれい線が消えますね。詳しくは、こちらからどうぞ。かづきれいこのメイク以上×整形未満―血流マッサージ&デザインテープ完全バイブル

サーマクールのフェイスリフトマシン

さら、整形せずにしわが消える方法として、城野クリニックの城野親徳 先生のレーザー治療、フェイスリフトマシンがある、お笑いの子泣きじじいとかつて言われた小原正子がこのフェイスリフトマシンの初治療を受けた。

フェイスリフトマシンの発するラジオ波によって、ほうれい線とフェイスラインのたるみを治療。この治療で5-10才へかなり確実に若返るようだ。このラジオ波を用いた治療はサーマクールという治療法で、かつては少しの痛みが伴っていたが、今回の最新のサーマクールはほとんど痛みがないという。

小原正子はこの治療ではっきりとほうれい線が目立たなくなった、目が大きく開くようになったのだ。私の嫁はそれを見て目を丸くした。

宝田恭子の自宅で5分、ほうれい線を薄くする方法

歯科医、宝田恭子(ゲルマニウムのアイティム考案者)は53歳で子供を産むほどの若さを手に入れている。そうだ!若返り美容の第一人者だ。

その宝田恭子 先生が誰でも自宅でできる”ほうれい線”を薄くする方法を教えてくれた。それは、”歯ブラシ”を用いる方法だ。以下の運動を朝晩2回するという。

歯ブラシをもちいてリフトアップ

  • ほうれい線をほおの中からほぐす(歯ブラシの裏で)10回ほど。
  • 歯ブラシを下に向けて左右のほほの内側に入れて、3セット8回強く吸う。
  • 指と口の中の歯ブラシでほほをサンドイッチマッサージする、など

かのように、今回の「お茶の水ハカセ」も我が家で大反響だ。鏡の前に、歯ブラシと、デザインテープが用意された。さて、妻は若返ることができるのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク