メタボの男性はうつ病のリスク2.3倍!とにかくダイエットしてメタボを解消しよう!うつ病の予防はダイエットにあり!

スポンサーリンク

九州大学の調査によると、メタボ男性はそうでない男性に比べて、うつ病になる危険は2.3倍であるという研究結果が出た!
うつ病の予防はダイエットが必須であることが判明?

メタボと「うつ病」のリスクとの関係

上記のニュースを聞いて、私の職場の上司がが休みがちになった時期があったのを思い出しました。かなり長期間休んでいたんです。聞くところによるとかなり精神的にまいっているとのことでした。「うつ病」ではないかという話がでました。実はその上司はかなりメタボでお腹の周りはかなりなものです。

では、

  • メタボの男性がうつ病になやすいのは?
  • なぜメタボだとうつ病にかかりやすいのか?実はその逆?

メタボの男性がうつ病になやすいのは?

メタボは「うつ病」のリスクを高める。

どういうわけか男性がメタボの場合が「うつ」になるケースが多いそうです。その研究結果を発表したのは、九州大学が地元の住民男女3000人以上を40年にもわたって追跡調査をした結果、メタボの男性はそうでない男性に比べてうつ病にかかっていた割合が2.3倍だったという。

一方女性のメタボとうつ病に関係は明らかにならなかったそうです。メタボな私の妻はセーフのようです。

スポンサーリンク

なぜメタボだとうつ病にかかりやすいのか?

ではなぜメタボでうつ病にかかりやすいのでしょうか?九州大学の発表によると、

メタボで症状が出ない程度の小さな脳梗塞ができ、うつ病につながっているのかもしれない。

メタボは脳梗塞を生じさせ「うつ病」の引き金に

ということです。なるほど、肥満の人は動脈硬化になりやすく、当然脳梗塞も起きやすいわけですから、理にかなった説明のようです。もしそれが本当なら、メタボの男性は是非ともダイエットをしなければなりませんね。

うつ病になりやすい人がメタボになるのでは?

しかし、私は他の理由の方が理にかなっていると思います。メタボだからうつ病になっているというのではなく、もともとうつ病になりやすい気質(ストレスの受け止め方など)の人は、ストレス発散のために過剰食事を取る傾向にあるのではないでしょうか?

うつ病はあまり解明されていない病気ですね。医学的解明より、ストレスの受け止め方や柔軟な考え方ができない場合に発症するリスクは高いことが分かっています。うつ病の予防と改善はダイエットでメタボの解消を。

ですから、メタボからうつ病になるという関係ではなく、うつ病になりやすい状況がメタボになるリスクを高めるような気がします。どうでしょうかね・・・?

いずれにしろ、メタボは様々な病気を引き起こしますね。ですから肥満を解消するために根気強い自制と努力が必要ですね。