静岡県掛川市のガン死亡率激減した生活習慣「お茶を毎日何杯もよく飲む」だった!ためしてガッテン(NHK)

スポンサーリンク

ガンは私の友人や親族の多くを悩ませてきました。ですから今日のNHKためしてガッテンで放送された静岡県掛川市ではガン死亡率激減の生活習慣である「毎日何回もお茶を飲む」という放送内容はかなり注目でした。

20110112202125

では、

  • 静岡県の掛川市の医療事情とは?
  • お茶のガンや生活習慣病の対策効果とは?
  • 掛川産の深蒸し茶とは
  • 市販のお茶を掛川産の深蒸し茶のようにするためには

静岡県の掛川市の医療事情

静岡県掛川市は、高齢者の医療費が全国平均の4分の1だそうです。医療過疎地域なのに病人とくに医療費がかかる病気にかかる率が低く、ガン死亡率が日本一低いのです。

その上掛川市は日本平均に比べて、医療費をかけずに長寿だそうです。

お茶のガンや生活習慣病の対策効果とは?

ガン死亡率が日本一低くなっている掛川市の住人の生活習慣は、大人から子供まで毎日、しかも何杯もお茶を飲む生活でした。毎日何杯も、中には一日3リットルになる方も珍しくないそうです。子供も給食で必ずお茶を飲むそうですね。20110112202207

そのお茶は、がん死亡率を激減させるだけでなく、医者も驚くほど悪玉コレステロールを減らしたり、体重を減らすダイエット効果が改めて明らかになったようです。

深蒸し茶

しかも掛川のお茶は独特で他の産地のお茶とは違うのです。ベータカロチンやビタミンE、クロロフィル、なが豊富なです。(掛川のお茶は静岡掛川のお茶から多数出品されています。)

さて、掛川のたっぷりの日差しを受ける土地柄で、普通なら渋みが強いのですが、それに対処するために、蒸し時間を通常の2倍にすることで、細胞が壊れて渋みがカテキンに吸着され飲みやすくなっているようです。それは深蒸し茶と呼ばれています。

スポンサーリンク

市販のお茶を深蒸し茶のようにする方法

20110112205547

実は静岡掛川産の深蒸し茶ではなくても深蒸し茶と同じようなお茶にする方法があります。それは、市販のお茶の葉をすり鉢でよくすり、熱湯200mlを入れ、1分経過させる。そうすれば、掛川の深蒸し茶のような効果のあるお茶が出来上がります。

他にも上記の深蒸し茶の茶ガラを余すところなく、様々な料理に入れてお茶そのものを摂取することができる。

市販のお茶でもガンを始め、様々な生活習慣病予防効果があるお茶に変身させることが可能なのですね。

早速明日から、毎日たっぷり緑茶を茶を飲みたくなりましたね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事