将来、薄毛が心配ですか?郵送で脱毛リスクを診断・予防する「脱毛遺伝子ドック」の遺伝子検査が早分かりキット

スポンサーリンク

遺伝子レベルで検査できる将来の脱毛リスク私はすでにかなり薄毛や脱毛が進行しています。もうどうしようもありません。しかし、もし20年前にこんなサービスがあったらよかったのに!と強く感じた、「脱毛遺伝子ドック」が始まりました。

すごいのは、口腔内の粘膜を綿棒で採取して、郵送で送るだけで、遺伝子レベルで将来の薄毛や脱毛リスクを診断し、さらには脱毛予防コースまで用意してくれるサービスです。では、

  • 将来の脱毛リスクが分かる遺伝子レベルの検査とは?
  • 「脱毛遺伝子ドック」でどんな育毛コースがあるの?

将来の脱毛リスクが分かる遺伝子レベルの検査とは?

遺伝性の壮年性脱毛は、避けようがないと思いがちですね。しかし、早めの治療が一番成果があることは、今や業界の常識となっています。カギは、遺伝子レベルで将来どれほどの脱毛リスクがあるかを早めに検査することです。

そこで、なんと「クリニカルサロン シーズ・ラボ」が遺伝子レベルでの検査を、口腔内の粘膜を綿棒でこすって郵送で送付するだけで、行ってくれるサービス「脱毛遺伝子ドック」を始めました。下の画像が、遺伝子レベルで脱毛リスクを診断してくれる検査キットです。

20101122202753

結果は、7~10営業日で明らかになり戻ってくるようです。ドキドキものですね。検査結果を開封したら、「やっぱりか」とか、「大丈夫で安心した」とかなりそうですね。わたしの場合は、「やっぱりか」となりそうです。下の画像は、結果の見本です。かなり将来の髪の毛の脱毛リスクが高いようです。がっかり!

20101122203208

スポンサーリンク

毛遺伝子攻略コース

嬉しいのは、単に遺伝子レベルで将来の脱毛リスク、薄毛リスクを診断してくれるだけではなく、将来のための育毛プランも用意してくれていることです。

診断結果や要望に応じて様々なコースが用意され得いるようです。将来の脱毛を予防するため、体の内外から育毛効果を助ける様々な方法があるようですね。

下の画像のように、最新育毛マシンや医師の診療と処方による発毛促進剤(有名な「プロペシア」など)などによる支援がありそうです。

20101122203523

至れり尽くせりの「脱毛遺伝子ドック」育毛コースです。考えられる最新の育毛プランのようですね。詳しくは発毛・育毛促進、メンズシーズ・ラボより。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事