何かと誤解が多い慢性疲労症候群「血液」で検査可能に?この病気に対処する4つの方法

スポンサーリンク

私の友人に慢性疲労症候群(CFS)にかかった娘を持つ友人がいる。最近この慢性疲労症候群と診断されて、実家に帰ってきた。今回の報道で、この病気が問診だけでなく、客観的な検査によって診断できるようになるかも?

 慢性疲労症候群(CFS)

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く「慢性疲労症候群(CFS)」を診断できる血液中のたんぱく質を、大阪市立大の木山博資教授(解剖学)らが発見した。慢性疲労、診断できる血液中のたんぱく質発見 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

何かと精神的な病と勘違いされたり、病名からストレスや疲労がもとで生じる人格が多分に影響する病気だと誤解されるようだ。この病気の対処法をその友人から聞いてみた。(私は医者でなないので、詳しくはかかりつけの医師の指示に従ってください。)

この病気にかかったら心がける4つのこと

1.限界を認める

この慢性疲労症候群(CFS)という病気を理解しにくいのは周りだけでなく、患者自らも理解しがたいものだそうです。ですから、無理は禁物。

2.計画的に休息をとる

無理しないと同時に、計画を立てて休息を取る必要があるようです。仕事やさまざまな用事がある場合、休息の時間を十分に入れる必要があるそうです。

3.精神面のリラックスを重視する

慢性疲労症候群(CFS)に対処する4つの方法この慢性疲労症候群(CFS)にかかっているその娘さんは、精神的なストレスを抱えると、この病気がひどくなると言っています。ですから、精神面のリラックスができる環境を整えるたり、ストレスを解消できる健全な趣味をもつ必要があるようです。

それには、多分に患者の家族の協力が欠かせないようですね。休むことが多くても決して「ガミガミ」言わないようにしたいと思います。友人もお父さんとして大変です。

4.腕の良い医者を見つけて、処方箋に従う。

基本中の基本ですが、良い医者を選ぶことは大切のようです。そして、かならず医者の指示に従い、勝手に薬を飲む量を変えたり、やめたりしないことが大切のようです。

慢性疲労症候群(CFS)は少し長丁場となる戦いを強いる病気ですが、辛抱強く治療することが大切のようです。わたしもそうかも?(アマモ)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事