活動量計「フィットビット(fitbit)」はiPhoneと連携してダイエットを完全管理!使い方も簡単

スポンサーリンク

米国で大人気商品になったiPhone連携ガジェットである活動量計「フィットビット(fitbit)」が、ついに日本で正式発売されました。歩数計や消費カロリー計機能搭載の万能活動量計みたいです。運動や消費カロリーのログを記録しながらダイエット成功を実現させたい人や、ライフログをできるだけ自動化したい人には超おすすめです。「フィットビット」使い方も楽勝みたい。

image


活動を丸ごとログする「フィットビット(fitbit)」

今回日本で正式発売される「フィットビット」は「fitbit zip」と「fitbit one」の2種類で、どちらもiPhoneなどのスマートフォンとbluetooth接続可能で、以下のデータを記録管理できます。

  1. 歩数と移動距離(「fitbit zip」「fitbit one」)
  2. 消費カロリー(「fitbit zip」「fitbit one」)
  3. 昇った階段数(「fitbit one」のみ)
  4. 睡眠サイクルと質(「fitbit one」のみ)

こちらが上記の4機能をフル装備した上位機種の「フィットビット ワン(fitbit one)」です。

image

こちらは、「歩数計」「移動距離」「消費カロリー」をログできる「フィットビット(fitbit zip)」です。(デザイン的には上位機種の「フィットビット ワン」がよさそうです。)image

スポンサーリンク

「フィットビット」の使い方

「フィットビット」の利用方法ですが、以下のように本体の裏のクリップで服に取り付けるだけで、活動を自動記録してくれます。

image

  当日の歩数を確認したい場合。

image

移動距離は以下のように表示されます。

image

肝心の消費カロリーは以下のようです。現在575Kcalを消費できているようですね。(ダイエットで苦しんでいる方は、ため息をつきながら確認することが多いかもしれません。)

image

上位機種の「フィットビット ワン」は、付属するリストバンドを手首に巻き就寝すると、睡眠時間、目覚めた回数、睡眠のサイクルなどの質が測定され記録。

image

iPhoneやPCとの連携方法

Bluetooth接続でスマートフォン(iPhone,iPad)にログを送信できます。App Store

image

また活動量計のログを共有できる機能もあり、ダイエット仲間と励まし合い可能です。

image

  バッチも獲得できます。

image

  「フィットビット」はPCとの連携も可能です。

image

PCでのデータ管理は視認性がいいですね。ダイエットは記録と分析が基本ですから。 

image

販売は、ソフトバンクセレクション で2013年3月15日からですが、Amazon楽天ではもっと安く買えるようですね。

以上を動画で確認できます。  

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事