「e健康ショップ」でネットで薬を予約(注文)して、薬局で薬の説明を受けて受け取れる安全なお薬システムを開始

スポンサーリンク

これなら、ネットで薬を購入する規制が撤廃できるシステムだ!と思いました。それは、 「e健康ショップのおくすり予約」というWebサービスと実際の店舗を構えた薬局とのお薬受け取りシステムです。では、20110128200911

「e健康ショップのおくすり予約」とは?

「e健康ショップ」とは?

薬の通販販売の規制の理由は、薬の乱用につながる入手にありますね。ですから対面販売、しかも薬剤師が常駐しているドラッグストア、量販店に限るようになりました。

しかしこの「e健康ショップ」は上手にその点をクリアーしているシステムです。ショップ内の3000点のお薬から自分の症状に合いそうな薬を注文(予約)して、受け取りは自宅の近くの薬局で可能になります。

20110128201105

スポンサーリンク

かかりつけの薬局のメリット

20110128201900「e健康ショップ」のメリットの一つは、お薬を受け取る薬局をかかりつけの薬局にすると、症状にあっている薬かどうか実際の薬剤師の意見を聞いたり、常用しているお薬との飲み合わせのリスクを減らせるというメリットがあります。とくに第一類医薬品の手渡しでは、お薬と一緒に説明書も入れられるそうです。

他のメリットとして

  • 近所にドラッグストアがなくてもいい
  • 手に入りにくいお薬が見つかる
  • 家族に知られずにお薬を手に入れる
  • お薬のまとめ買い

などがあり、便利みたいですね。

お薬の通販と薬剤師による対面販売を可能にした「e健康ショップ」のようなシステムを売りにするウエブサービスが今後増えるといいですね。e健康ショップより。

ちなみに5月まで会員登録(無料)をすると、豪華賞品が当たる可能性があるそうです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事