妻が羨む秋野暢子!50代で20代のプロポーションを保つダイエット法とストレッチ「たけし みんなの家庭の医学」これで腰痛 知らず!

スポンサーリンク

たけしの「みんなの家庭の医学」で、妻が特に食い入るように見たのは、女優の秋野暢子のダイエットとプロポーションの秘訣の部分だった。

50代でありながら、20代の体型と背筋をもつ驚くべき身体を保持するには、秘訣があったようだ。それによって、腰痛を感じたことがなかったそうだ。(画像はイメージです)

秋野暢子のダイエット、プロポーション「みんなの家庭の医学」

秋野暢子のプロポーションの秘訣と腰痛予防

「みんなの家庭の医学」によると

  1. 食事中は、正座でまっすぐに背筋を伸ばしながら食べる姿勢。
  2. 毎日3回はストレッチ体操することで、足と腰(下半身)の筋肉や股関節を柔軟に保つ。
  3. インナーとアウターの筋肉をバランスよく鍛えること。

まず、1の姿勢だ。いつも背筋を伸ばし、背筋を鍛えているようだ。腰痛は全くないはずだ。

次にストレッチで下半身の筋肉のを常に柔軟に保っているところだ。彼女は仕事で地方に行く時でも欠かさず、朝、昼、晩(寝る前15分)ストレッチを欠かさないという。

これによって、腰、下半身、股関節を柔軟に保ち、プロポーションを維持しているという。これはダイエットにもなっているという。

最後に、筋肉のアウター、インナーをバランスよく鍛えているという。彼女は、週に3回ほど事務に通い、バランスよく筋肉を鍛えているという。地方での仕事でも、必ず、ジムを探すという。

この秋野暢子のプロポーションとダイエットの部分で、横にいて番組を見ていた妻が、思わず番組内の楽しく続けられるエクササイズを必死にしていた。

妻には、ぜひ覚えて、長続きしてもらいたいが・・・・(アマモ)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事