「しょうが紅茶」で風邪対策!「ジンジャーティーポット」がNHKでフタで生姜をおろせる急須として紹介

スポンサーリンク

本格的な寒さで風邪対策を考える季節になってきました。風邪対策や初期症状にはは生姜湯(しょうが湯)などが一般的ですが、生姜湯だけでなく「しょうが入り紅茶」などの温かい飲み物を入れられる急須「ジンジャーティーポット」がNHKのニュース番組「まちかど情報室」で紹介されました。

image

フタで生姜をおろせる急須「ジンジャーティーポット」

生姜は古くから風邪に対する効能があるとして薬用に用いられてきました。中国では、紀元前500年ごろから利用されてきたようです。

その万能薬的な生姜を気軽に取り入れることができる生姜湯が一般的ですが、最近では紅茶と一緒にした「ジンジャーティー」などの生姜入りのホットが流行っているそうです。

そこで、NHKの朝のニュース番組「まちかど情報室」では、急須のふたで気軽に生姜をすり下ろせる機能付きの「ジンジャーティーポット」(東洋セラミックス)が紹介されました。

ジンジャーティーポットの使い方は簡単で、生姜を中フタでおろせるようになっていますので、おろした後はその生姜にお湯をかけてティーポットの中に流し込むだけです。そのまま生姜湯として飲んでもいいですし、紅茶や緑茶と一緒にして「ジンジャーティー」にして飲んでもよさそうです。

image

簡単でいいですね。このジンジャーティーポットは以下のような様々な生姜入りの飲み物として応用可能です。

■ 梅生姜湯
■ ジンジャーアップル
■ ローズヒップティーの蜂蜜生姜湯
■ りんご入り生姜湯
■ ミルクの生姜湯
■ 黒糖生姜湯
■ 蜂蜜レモン生姜湯
■ 生姜湯ココア

このNHKで紹介された「ジンジャーティーポット」(東洋セラミックス)で今年の冬は風邪知らずで乗り切りたいですね。気になる方は ジンジャーティーポット からどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事