第21回日本文具大賞グランプリは「Premium C.D. NOTEBOOK」と「デイリー・プランナー”エディット”」

スポンサーリンク

「第23回国際文具・紙製品展(ISOT 2012)」が東京ビッグサイトで開催中ですが、そこで今年の日本文具大賞グランプリが発表されました。機能部門では「Premium C.D. NOTEBOOK(プレミアムCDノート)」が、デザイン部門では「デイリー プランナー”エディット”」がそれぞれ受賞しました。私的には優秀賞のカシオ計算機「メモプリ MEP-B10」(スマートフォンから無線でテキスト印刷できるプリンター)をグランプリにしたかったですけど・・・。

image

文具好きな私が東京に住んでいれば、きっと今回の「国際文具・紙製品展」に赴いたに違いありません。斬新で機能的な文具を見つけると今でもワクワクします。

その会場で、第21回日本文具大賞グランプリが発表されました。

機能部門

機能部門で日本文具対象に輝いたのは、「Premium C.D. NOTEBOOK(プレミアムCDノート)」(アピカ)というものです。

image

このノートは絹のようななめらかな書き心地を実現しているということで、さまざまなタイプのペンで書いてもサラサラ書けるというのが特徴です。値段はかなち高めです。

image

プレミアムCDノート」のサイズは、A4判~A6判で、価格は1500円~700円となっています。かなり高額ですね。楽天

グランプリに続いて優秀賞は以下のとおり。

1.「メモプリ MEP-B10」(カシオ計算機)・・・無線でスマートフォンから直接テキストを印刷できるプリンター(これはおススメ)

2.「ASHFORD A4 ジョッタ&ペーパーホルダー パンチングレザー」(シーズンゲーム)
・・・A4の紙を四隅ではさみ、裏側に予備のA4の紙を収納できるペーパーホルダー

3.「#3776 センチュリー PMB-10000 #71 ブルゴーニュ」(プラチナ万年筆)
・・・万年筆特有のインク詰まりを解消してくれる優れモノのキャップ付き万年筆

4「ペンカットミニ」(レイメイ藤井)・・・コンパクトで携帯性に優れるハサミ

デザイン部門

デザイン部門では「リフィル/デイリー・プランナー“エディット”」がグランプリを受賞しています。

一日1ページになっており日記形式のスケジュール帳です。

image

デザイン部門の優秀賞は以下のとおり。

「インデックスクリップ」(ザインフィル)
「harrytoree」(日吉パッキング製作所)
「On the dot PAD」(マルアイ)
「eN テープディスペンサー」(ミニマライフ)

いつの時代でも文具は人気がありますね。以上が東京ビッグサイトで開催された「第23回国際文具・紙製品展(ISOT 2012)」がの第21回「日本文具大賞」の結果発表でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事