翻訳できるハンディースキャナー!PCなしでどこでもスキャン可能な「IRIScan Anywhere2」

スポンサーリンク

「知恵袋」や「教えて!goo」などのQ&Aサイトで、しばしば「翻訳できるスキャナーがあれば教えてください!」という書き込みが見られます。英語学習者はあの手この手で便利に英語をマスターできるツールを探しているようです。そんな方にお勧めしたい、翻訳機能付きのハンディースキャナーが登場しました。朝日新聞朝刊で紹介されたロゴヴィスタ(LogoVista)社の「IRIScan Anywhere2」です。パソコンなしでどこででもスキャンして、テキストデータ化、英語を日本語に翻訳できるのがいいですね。

image

このロゴヴィスタ社(LogoVista)が発売開始した、コンパクトなハンディスキャナである「IRIScan Anywhere2」ですが、海外でも普及しているほどの代物です。

持ち運びに便利なポータブル性を備えており、場所を選ばずに最大A4サイズの文書をスキャンできます。スキャン作業時においてはPCが不要なように、本体内蔵のフラッシュメモリに保存可能です。

さて、ハンディスキャナ「IRIScan Anywhere2」の最大の特徴である、翻訳機能ですが、「LogoVista翻訳エンジン」という洗練された翻訳機能を搭載した英日翻訳ソフト「コリャ英和!for I.R.I.S」が付属されており、簡単操作でかなり正確な翻訳を可能にします。翻訳には以下のモードがあります。

  • 対訳形式「翻訳エディタ」
  • 「別訳語」
  • 「別解釈」

さらに、OCRソフトである「Readiris Pro 12」が付属しており、スキャン画像やPDFファイルを編集可能なテキストデータに変換できます。

他にも、名刺スキャンしてデータ化してくれる「Cardiris Pro 5」や、画像の編工ソフトである「Roxio PhotoSuite 9 for I.R.I.S.」などが付属しており、スキャンや翻訳を快適に行える環境を手に入れらるのが、この「IRIScan Anywhere2」ですね。使えこなせないほどの充実ソフトパッケージです。

■ 解像度・・・300dpi(初期設定)/600dpi カラー
■ サイズ・・・269×59×44、重さ約390g
■ 電源・・・USB充電式
■ スキャンスピード・・・A4の10秒、1時間に最大200ページ

気になる方は、LogoVistaからどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事