光るガラス瓶が室内蛍光灯でも発電と蓄電に対応!「サン&ムーン ジャー」の大人気の秘密!

スポンサーリンク

おしゃれなインテリアグッズで大人気の光るガラス瓶(ポット)としてランキングの一番に人気になった「サン&ムーン ジャー」ですが、これまでソーラー発電にのみ対応していたものが、室内の蛍光灯にも対応して進化を遂げたようです。その大人気の秘密に迫ります。image

「サン&ムーン ジャー」は光る瓶

「サン&ムーン ジャー」は一見西洋風のジャムなどの保存瓶のようですが、実はこれは昼間太陽光で発電して蓄電(充電)し、夜は自動的にLEDライトが点灯し常夜灯にしたり携帯して誘導灯になるのです。

8時間の充電で、8時間LEDライトが灯ります。さらに、利用シーンが広がる防水加工も施されていますので、お風呂場やキャンプなどのアウトドア、玄関口などでも安心して利用できます。

人気の理由

「サン&ムーン ジャー」の人気の秘密として、まず内部のLEDライトから発する切り替え可能な2種類光でしょう。色は淡いオレンジとブルーですが、あたかもキャンドルライトのような神秘的な光と昼間のただの保存瓶とのギャップがユニークなのです。

image

さらに、この光るガラス瓶の人気の秘密は現在の節電志向が拍車をかけているようです。昼間に発電したものを夜間に使っているだけで節電に協力しているような感覚を得ることができ満足度が高まります。

室内蛍光灯でも充電が出来

今回の機能改善による新「サン&ムーン ジャー」はこれまで通りソーラーによる発電と蓄電だけでなく、室内の蛍光灯にも対応したのです。昼間に様々な事情で、窓際に置いて太陽光を当てることができなかった日でも、室内照明の光に数時間さらしておくだけで、照明を消した後でも数時間はLED光が点灯するようになりました。

本体サイズは、110×110×160mmで、重さ902gですから、かなり手軽です。充電は500回繰り返し可能ですが、充電池の寿命を延ばすために使わないときはスイッチをOFFにしておくとグーンと寿命が伸びるようです。当然充電池の交換は可能です。

この太陽光だけでなく蛍光灯でも充電可能になった光る瓶 【バージョンアップ版】サン&ムーン ジャー (モバイルからは ⇒【バージョンアップ版】サン&ムーン ジャーからどうぞ。

(モバイルからは ⇒

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク