「AirBuggy COCO(エアバギーココ)」はベビーカー卒業後は,ドッグバギーやショッピングカートへに使えるバギーだ!

スポンサーリンク

「AirBuggy(エアバギー)」といえば、一世風靡した三輪のベビーカーですね。昔お世話になった子供やお母さんがいるのではないでしょうか?

コンセプトバギー「ライフバギー」として生まれ変わったのが「AirBuggy」シリーズの「AirBuggy COCO(エアバギーココ)」

ではその後、そのエアバギーはどこに?お下がりとして人にあげたり、フリーマーケット出品したり、はたまた倉庫にほこりをかぶって眠っていたりして・・・。

しかしもうそんなもったいない使い方をする必要のなり新型エアバギーAirBuggy COCOが登場しました。ベビーカーを卒業しても、ドッグバギーやショッピングカートへ変身するのです。

ドッグバギーやショッピングカートへ3通りの使い方

生活に密着したコンセプトバギー「ライフバギー」として生まれ変わったのが「AirBuggy」シリーズの「AirBuggy COCO(エアバギーココ)」です。

子育ての思い出がいっぱい詰まったベビーカーを処分するのはかなり勇気がいりますね。かといって、保存しておいても場所をとるばかり。なんとか子供が大きくなってもベビーカーを使えないものだろうが?

そんな発想から生まれたのが、「エアバギーココ」ですね。

そのバギーカーとしての機能は従来製品と変わらないようです。プレスリリースによると

走行性に優れた3輪スタイルと路面振動を吸収するエアタイヤの性能はそのままに、より快適な操作性と乗り心地を追及しました。狭い道路や人混み、足下の段差など、都会の生活環境に適応した“ストレスフリー”なベビーカーです。

とありました。かなり乗り心地はよさそうですね。それだけでなく、ショッピングカートにした時も、都会の生活に適応するための工夫がほどこされているようです。

AirBuggy COCO(エアバギーココ)」の気になる価格は、約4万円台前半だそうです。ベビーカーとして使う場合は、首すわり(3ヶ月~5ヶ月)から3歳くらいまでで、耐荷重20kgです。

どうせ、ベビーカーを買うなら、ずっと使えるものがいいですね。

【@Pressアットプレス】

スポンサーリンク

フォローする

関連記事