個人情報漏えい防止ラベル「シュレッダーラベル 12面」がテレビで話題らしい

スポンサーリンク

ダイレクトメールなど住所と名前をシュレッダーにかけて処分するのは今や常識ですね。だれも個人情報の漏えいで迷惑を受けたり与えたりしたくないですから。そこで、テレビの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」でも紹介された、個人情報漏えい防止ラベル「シュレッダーラベル 12面」が今話題になっているようです。

image

シュレッダーラベル

我が家では個人の名前や住所が印刷されている通信物を処分するときは、個人情報を識別不能にするハンコを用いています。しかしハンコを押すのも面倒ですから、適当に破いてゴミ箱に入れることも多々ありです。当然シュレッダーはありませんから。

しかし、ラベルで有名なヒサゴから新たに発売されてた「シュレッダーラベル 12面」なら、「ぺらっ」と切れ目どおりにシールをはがすだけで、住所や名前などの個人情報が識別不能になります。あとはゴミとして出せばいいだけです。とても便利で安心なラベルです。

このように、差出人も受取人も安心して通信物を処理できるので、テレビ番組「みのもんたの朝ズバッ!」で重宝する事務用品として紹介されていました。

image

「シュレッダーラベル 12面」の対応印刷機は、通常のトナー製のコピー機、インクジェット、レーザなどのプリンター対応です。安心して印刷できそうですね。

100シート入りと20シート入りがありますが、まず試しに20シート入りがいいかも。詳しくは ヒサゴ シュレッダーラベル12面(20シート入り) SOP861 SOP861 (モバイルからは ⇒ヒサゴ シュレッダーラベル12面(20シート入り) SOP861 SOP861からどうぞ。

(モバイルからは ⇒

スポンサーリンク

フォローする

関連記事