裸眼3Dの液晶「視差バリア」で、本当に3Dメガネなしで見えるの?裸眼3Dのニンテンドー3DSの発売いつ?

スポンサーリンク

昔からある、3Dメガネは博覧会や展示会でおなじみだった。最近のメガヒット映画「アバター」も3Dのメガネが必要でしたね。

しかしメガネなしで3D映像を楽しめる夢のような技術が開発されているのにびっくりしました。なんとニンテンドーDSも3DS(仮称)を年末に出すとうわさされています。3Dゲームをメガネなしの裸眼で、つまり「裸眼3D」でいつ頃から楽しめるようになるのでしょうか?(予約はニンテンドー3DS 予約開始から始まっています。)

裸眼3Dを可能にする視差バリアとは?

それはともかく、裸眼3Dを実現する『視差バリア』はかなりすごいらしい!

3Dメガネが不必要な理由

立体映像を見るのにあの赤青のメガネは煩わしく感じたことがあるますね。水族館で立体映像を全天候型のスクリーンで楽しむためのメガネはいいのすが、生活しながらテレビみたり、外でニンテンドーDSを使ったりするときに3Dメガネが必要だったら、かなり厄介です。

視差バリア

それを不必要にしてくれる夢の技術「視差バリア」がシャープさんによって開発済みだそうです。

視差バリアとは、スクリーン(ディスプレー)の表面に細かい縦のスリットが入ったガラス製の膜を掛けて、右目と左目に別々の画像を見せることができるようです。

私なりに解釈したのですが、裸眼3Dを可能にする「視差バリア」とは人間の目にメガネをかけるのではなく、ディスプレーに3メガネをかけることなのかな、と思いました。これって分かりやすくないですか!

これがすごいのは、画面を横にしても縦にしても3Dを見れるのです。動きの速いゲームをするとどうしてもDS自体を動かしますね。それでも裸眼で3Dが楽しめるようになるのがこの「視差バリア」というものらしいです。

カメラ付きのDSiが出た時、DSを買い替えようかなと思いましたが思いとどまってよかったな・・・。ニンテンドー3DSで裸眼3Dを楽しみたいと思います。予約はニンテンドー3DS 予約開始からどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント