「プレステ ヴィータ」(PS Vita)は3G回線対応!ソーシャルゲーム機能が充実!発売日と価格は?

スポンサーリンク

次世代プレイステーション(NGP)がソニーより正式発表されましたね。正式名は「プレイステーション ヴィータ」(PlayStation®Vita)です。

image

ではこの究極のポータブルエンタテインメントを体験可能と言われている新型(プレステ ヴィータ)「PS Vita」ですが、前モデルと一体どこがちがうのでしょうかか?価格や発売日は?

「プレステ ヴィータ」(PS Vita)とは?

次世代プレーステーション・ポータブル(NGP)と言われて、新しい機種に期待が膨らんでいましたが、米国ロスで開かれた世界ゲーム市(E3)でその全容が明らかになりました。「プレイステーション ヴィータ」(PlayStation®Vita)というのが正式名です。(型番はPCH-1000)(ソニー・コンピュータエンタテインメント)

3G回線接続

「プレステ ヴィータ」と前モデル(PSP)と大きく違うところは、ネットワークを可能にするWi-Fi接続に加えて、携帯電話回線網である3G接続が可能になるところです。今までWi-Fiの電波が届くエリアでのみオンラインゲームなどが楽しめましたが、3Gによって携帯電話のようにどこでもネットワーク接続できそうです。(日本ではドコモ、ソフトバンク、auのどの3G回線に対応するのかは現段階では分かっていません。)

image

ソーシャルゲーム(near、Party)機能

確かに「プレステ ヴィータ」の3G接続でのオンラインゲームは速度の問題でかなり難しそうですが、専用のアプリによって他のユーザーとコミュニケーションを計りながら楽しめるソーシャルゲームが使えそうです。上記のプレスリリースで言うところの「出会い、発見、共有、つながり」をユーザー同士で可能にします。

具体的には、「プレステ ヴィータ」に装備されるGPS機能(3G/Wi-Fi モデルのみ))をフルに活用した、「near(ニア)」という機能が搭載されるようです。これはGPSを使ったソーシャルゲームといえます。たとえば「PS Vita」のユーザーがいるその場の周辺で、他のどんなプレーヤーがどんなゲームソフトを楽しんでいかを知ることができたり、過去にさかのぼってそうすることもできるようです。

さらに、同じゲームソフトを楽しんでいるユーザー同士が無線接続によって、宝、武器、衣装などを交換したり、共有したりする(「ギフト」機能対応ソフトのみ)ことも可能になります。ソーシャルゲームのモバゲーなどの楽しみ方ができるわけですね。

さらに「プレステ ヴィータ」ではプレイ中でもネットワークを通じて、音声やテキストでの会話を楽しめるアプリ「Party(パーティ)」が新たに搭載されます。これによってゲームが違っていても、コミュニケーションをユーザー同士で楽しめるようになります。DSの「すれちがい」機能をはるかに凌駕する「PS Vita」の新機能になりそうです。

背部マルチタッチパッド

これも「プレステ ヴィータ」の新たな遊び方になりそうです。本体の背部にマルチタッチパッドなるものが装備されています。これは、5インチのタッチパネルディスプレイと組み合わせて使用することで発揮できる機能です。

image

背部マルチタッチパッド対応ソフトでは、前面と背面のマルチタッチパッドでゲームの中の仮想空間に登場するものを直接操作(なぞる、押し出す、触る、つかむ、なぞる、引っ張る、など)したり、プレーさせることが可能になるわけです。

image

対応ソフト

上記にような「プレイステーション ヴィータ」の新しい機能をフルに使える対応ソフト群もすでに発表されました。以下の通りです。

  • 「みんなのGOLF NEXT」
  • 「GRAVITY DAZE」
  • 「ワイプアウト」
  • 「リトルデビアンツ」
  • 「アンチャ―テッド」
  • 「リアリティファイター」
  • 「ハスラーキング」
  • 「モッドネーションスターストライク」

その他の機能

「プレステ ヴィータ」のその他の機能としては、本体全部にも後部にもカメラ機能が搭載されて、写真を撮ってすぐにアップロードして共有したり、もしかしたらビデオ通話のようなことも可能になるかもしれません。

また無線機能はWi-Fiや3G以外にも、Bluetooth対応になりますので、Bluetooth対応のイヤホンやマイクなどのアクセサリーも接続でき、「プレステ ヴィータ」をポータブル音楽プレーヤーとしても十分使えそうです。

さらにUSB接続も可能にするマルチユース端子装備によって、PCとの連携もスムーズで可能性が広がりそうです。

スポンサーリンク

価格と発売日

このように新たに追加される次世代「プレステ ヴィータ」(PS Vita)の機能をじっくり理解できたなら、値段と発売日が気になりますね。iPadのように接続機能別のモデルで値段が違うようです。

  • Wi-Fi接続のみ可能なモデル・・・24,980円(税込)
  • 3GとWi-Fi接続の両方可能なモデル・・・29,980円税込)

どちらも前型機のPSPよりお手頃価格となっています。

発売日は今年(2011年)の年末になりそうです。クリスマスや正月の時期の年末商戦でどこまで人気がでるか注目されます。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事