快適!砂や汗を車の前で流せる簡易「パワードシャワー」がNHKで紹介!

スポンサーリンク

海水浴やキャンプなど、アウトドア真っ盛りの夏ですね。そこで川や海でどれほど遊んでも帰りは足元や体、ビーチサンダルや浮き輪、釣り道具を洗って帰れるグッズが、NHK朝のニュース番組で紹介されていました。「パワードシャワー」(ロゴス製)という車のDC電源を利用した簡易シャワーです。

image

砂浜の海水浴でほぼ間違いなく経験するのは、サンダルと足に最後まで砂が付着してしまうことで、帰りの車が汚れますし、足はザラザラしたりベタベタすることです。また、浮き輪や釣り道具などの用具もベタベタしたままで、後の手入れが大変です。なるだけ車に乗り込む(持ち込む)前にきれいにしたいものです。

そこで今回NHK朝のニュース番組「まちかど情報室」で紹介された簡易シャワー「パワードシャワー」なら、車に乗り込む直前にシャワーを浴びれますので、快適に帰りのドライブを楽しむことができそうです。

使い方は、車のDC電源(カープラグ)に電源コードを差し込み、シャワーの先端のポンプを真水が入ったポリタンクに入れ、スイッチをオンすれば、気持ちよいシャワーが出ます。水量はシャワーヘッドに付いているつまみで調節可能です。

image

便利なのは、写真のように吸盤が付いているので、車の外窓にシャワーを取りつけられることです。(S字フック付き)これらな両手が空いて便利ですね。水は50リットルで約10分間シャワーを楽しめます。20リットルのポリタンクなら4分です。水量を調節しながら手早くやれば十分きれいになりそうです。

この「パワードシャワー」を紹介したNHKの番組では、主に川や海水浴の後で体を洗うのに使えるということでしたが、シャワーのないキャンプ場でお風呂代わりに最適です。(水はポリタンクいれてしばらくは直射日光にさらしておくと、温かい水のシャワーを浴びれそうですよ。)また、釣りをされる方は、竿やリールを現場で真水洗浄できるのでいいかも。

夏の海水浴シーズンが終わっても秋のオートキャンプや釣りを計画している方には重宝する簡易シャワーではないでしょうか?

気になる方は ロゴス(LOGOS) パワードシャワー(DC専用) 69930010 (モバイルからは ⇒ロゴス(LOGOS) パワードシャワー(DC専用) 69930010からどうぞ。

(モバイルからは ⇒

スポンサーリンク

フォローする

関連記事