新ニンテンドー3DSは3Dメガネなしで3Dゲームを楽しめるなんてすご過ぎる!3DSの「視差バリア方式」とは?

スポンサーリンク

任天堂のニンテンドー3DSは、3Dメガネなしで3D映像やゲームを楽しめるようになるならしい!仰天だ!どうして3Dメガネなしで立体画像を楽しめるのだろう!

新型ニンテンドー3DSの秘密は「視差バリア方式」を採用されているようだ。理解に苦しむがとにかく3Dが見れるのだ、なんで・・・?

 ニンテンドー3DS

3Dメガネ必要なしの3DS

新型ニンテンドー3DSの秘密に関する様々な憶測が飛んでいるようですね。とにかく3Dメガネなしで、3D映像を楽しめるという超優れものです。

液晶画面はシャープ製のタッチパネルのようです。その液晶画面に3Dメガネなしでも3D映像が見れる秘密の「視差バリア方式」が採用されている。

視差バリア方式

詳しくは分からないが、 「視差バリア方式」によって右目と左目に入ってくる映像がそれぞれ微妙に違うらしい!すごい!

しかしこの 「視差バリア方式」の3D映像にはデメリットもあるようだ。液晶との間に距離が必要なことと、左右の目に視力差があるなら3D映像見れなくなるようです。

とにかく3D映像のゲームを3Dメガネなしで体験できるなんてのがすごいですね。今回のニンテンドー3DSの発売が楽しみですね。

昨日任天堂から発表のあった新型の「ニンテンドー3DS」。裸眼で3D立体視を実現していますが、液晶画面にはシャープ製のパネルを採用すると朝日新聞は伝えています。

【3DS発表】シャープの液晶採用との観測…「視差バリア方式」とは?(インサイド) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

フォローする

関連記事