「ニンテンドー3DS」はメガネ不要の視差バリアで裸眼3DS実現!調整ダイヤル付きで,初の3Dカメラ内蔵は驚き!

スポンサーリンク

「ニンテンドー3DS」は裸眼3DSで3Dメガネ不要いよいよ新型DSの「ニンテンドー3DS」が登場しましたね。ポータブルゲームで3Dメガネが必要ならちょっと不便と考える必要は一切なくなりましたね。

  • 「ニンテンドー3DS」は従来のDSとどこが違うの?

「決まっているではないか!裸眼3Dでしょ」という声が返ってきそうですが・・・。視差バリアとか、3Dダイヤルとか、3Dカメラとか・・・色々ですね。

視差バリアを用いた裸眼3DS

この新型DSの「ニンテンドー3DS」は3Dメガネなしでどうやって3Dを実現するのだろう?裸眼3Dの液晶「視差バリア」のニンテンドー3DSで紹介したように、

視差バリアとは、スクリーン(ディスプレー)の表面に細かい縦のスリットが入ったガラス製の膜を掛けて、右目と左目に別々の画像を見せることができるようです。・・・裸眼3Dを可能にする「視差バリア」とは人間の目にメガネをかけるのではなく、ディスプレーに3メガネをかけること・・・

と説明できるかもしれません。とにかく右目と左目に別々の画像を見せることができる視差バリアの技術がディスプレーに施されているのです。

3Dダイヤルで調整 「ニンテンドー3DS」は3Dダイヤルで3Dの調整

しかし画面と目の間の距離が違えば、3Dの見え方も違ってきますね。そのために、3Dダイヤルが設けられていて、立体映像が鮮明になるように自分で調整できるようになっているようです。

スポンサーリンク

3Dカメラ内臓

、「ニンテンドー3DS」は3Dカメラ内臓

ニンテンドーDSiにはカメラ機能がついていましたが、「ニンテンドー3DS」はタダのカメラ機能ではなく、3Dカメラです。つまり3D映像撮影可能なカメラ内蔵です。これは最近デジタルカメラが3D画像撮影可能になってきたばかりなのに、すでにゲーム機の3DSに取り入れられるのは画期的であり、ゲーム業界初ではないでしょうか!

他にも、通信機能が供されており、ゲームでプレイ中にも通信機能を裏で行うことができそうです。

3Dゲームソフトは?

気になるのは当然、ニンテンドー3DS専用の3Dゲームソフトではないでしょうか?専用のソフト群はこれから充実してきそうですね。以下の人気ソフトが3Dゲームとして開発中だそうです。

  • ニンテンドー3DS専用の3Dゲームソフト「ニンテンドックス」
  • 「バイオハザード」
  • 「キングダムハーツ」
  • 「メタルギアソリッド」
  • 「リッジレーサー」

一番人気はやっぱり「ニンテンドックス」になりそうですね。私としては「、おいでよどうぶつの森」が3Dゲーム化すればいいと思いますね。

日本での発売が待ち遠しいですね。「DSi」を買わなくて良かったよ!予約はニンテンドー3DS 予約開始からどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. […] 像が見える仕組みはどうなっているのでしょうか?以前、「ニンテンドー3DS」はメガネ不要の視差バリアで裸眼3DS実現!でも紹介したように、視差バリアとは「視差バリアとは […]