NFCが搭載された「Newニンテンドー3DS,LL」amiiboで経験値を引き継げます

スポンサーリンク

ニンテンドーDSの新機種が2014年10月11日に発売されます。「Newニンテンドー3DS」と「Newニンテンドー3DS LL」ですが、いずれも新機能としてNFCに対応します。NFCといえばお財布機能の「かざすだけで」というあれです。価格は「Newニンテンドー3DS」が16000円、「
Newニンテンドー3DS LL」が18800円、いずれも税抜。ではどんな新機能が搭載されるようになったのでしょうか?

NFCで通信できるフィギュアamiiboを利用できる新型「Newニンテンドー3DS」

iPhone6がNFCを搭載する予定だと騒がれいますが、ニンテンドーも新ユーザーの獲得を目指してか、プレステ4のユーザーの乗り換えを進めようとしているのか、はたまた、既存ユーザーによる買い替えを促進しようとしているのかわかりませんがNFC機能を搭載した新型3DSを発売します。

(すでに一部予約開始しています。Amazon 楽天

「かざすだけで」というフレーズでごく簡単に利用できることをウリにしたNFC(近距離無線通信)といえば、すぐにソニーのFeliCaなどのお財布(決済)機能を思い出しますが、様々な機能をもたせるとが可能です。公共交通機関の定期券にもなれば、オフィスのセキュリティーチェック、商品やポースターに埋め込まれているICタグの読み込みによるクーポン情報の取得などです。NFCとは

さらにNFCはP2Pと呼ばれる端末間通信機能があります。同じくNFC対応端末と連絡帳や画像データなどのデータのやり取りが可能です。

ニンテンドーDSシリーズはこれまでWiFiによる「すれ違い通信」と呼ばれる端末間通信機能がありました。今回新型機に搭載されるNFCによって「すれ違い通信」が可能になるわけですね。またはWiFiによる通信のペアリングに使うだけかもしれません。(←未確認)

しかしNFCの本命は、すでに発表済みですが「Wii U GamePad」でも利用できる「amiibo」(アミーボ)とよばれるキャラクターフィギュアでの利用です。一見何の変哲もないフィギュアですが、「amiibo」対応ソフト起動中に、そのフィギュアにかざすだけで、仮想空間上にそのフィギュアを登場させプレーに参加させるとが可能とか。様々な対応ソフトでフィギュアの経験値を生かせることが可能みたいです。つまりプレーヤーの経験値がそのままフィギュアに保存されてゆくわけです。

image

NFCを利用した「amiibo」と対応ソフトは2014年の冬に発売され、ラインナップは順次拡張されます。

新端末に追加される他の新機能は以下のとおり。

  • 3Dブレ防止機能・・・内側カメラによる顔認識機能で自動調整。
  • 新しいスティックとボタンの追加・・・全面の「A/B/X/Y」の上に「Cスティック」、背面に「ZRボタン」「XLボタン」の追加。
  • ネット動画の再生に対応・・・有害サイトのフィルタリングはそのまま。
  • ホームの背景テーマの着せ替え
  • CPUの動作速度向上
  • カメラ機能向上・・・・暗がりでも鮮明に写真が撮れる。

などなど向上した機能が盛りだくさん。

あとがき

「ニンテンドー3DS」は小学生から大人までそのユーザー層が広いことで知られているポータブルゲーム端末ですが、最近ではスマホに押され気味みたいです。(うちの嫁さの「DS」は押し入れで眠っています。)

でもDSでしか遊べないゲームソフトが山ほどあり、スマホやタブレットでは決して体験できない居心地の良い仮想空間を提供し続けています。今回の新端末Newニンテンドー3DS」と「Newニンテンドー3DS LL」も熱狂的なDSファンからの熱い支持を取り付けそうですね。

個人的にはDSがAndroid使用になることを期待します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事