「レゴ エネルギーセット」で楽しくエコを学習!大人でも欲しがる太陽、風力、水力発電システムを手のひらサイズで

スポンサーリンク

エコが何かと話題になり、文部省は教育現場でもエコについて学べる環境を整えることを強調していますね。レゴ社製の「レゴ エネルギーセット」

そこで、画期的な教材が登場しました。それはデンマークのレゴ社製の「レゴ エネルギーセット」というものです。

この「レゴ エネルギーセット」は、太陽光(ソーラーパワー)をはじめ、水力、風力を利用し、セットに含まれているリチウムイオン電池に充電し、車やボートを走らせることができるのが特徴です。おもに小中学の教材ですが、サイエンス好きな私のような大人でもほしい一品です。では

  • 「レゴ エネルギーセット」の大人でもほしいと思う特徴は?

「レゴ エネルギーセット」で何が可能?

この「レゴ エネルギーセット」は小学生の高学年、および中学生向けに、文部省の理科学習指導要領に沿ってエコが学べるように設計されています。

「レゴ エネルギーセット」は、発売中の「レゴ サイエンス&テクノロジーモーター付基本セット」と一緒に活用することで、現代のエコな発電システムや蓄電池システムを学校の実験室レベルで学べるようになっています。

「レゴ エネルギーセット」の内容は、エネルギーメーターやエネルギー貯蔵ユニット、ソーラーパネルで、「レゴ サイエンス&テクノロジーモーター付基本セット」と一緒に活用することで以下の6種類のモデルを組み立てられます。

  1. 手回し発電機(発電の基本を学べる)
  2. 太陽光発電機(次世代エネルギーの根幹)
  3. 風力発電機(身近なエコ)
  4. ソーラーカー(次々世代の自動車)
  5. 水力発電機(現役のシステム)
  6. ボート滑車

レゴ社製の「レゴ エネルギーセット」を組み合わせるモデル以上のモデルを子どもたちが仕組みを知りながら組み立てることによって、エコの現代的な取り組み方を理解できる素晴らしい教材が、「レゴ エネルギーセット」というわけですね。

一押しはなんといっても、ソーラーパネルとエネルギーメーターでしょうね。体感的に感じるな太陽光がいったいどれほどの電気エネルギーを生み出せるかを数字で見ることができましす、それを車に積むことによって未来の自動車を身近に感じることができるでしょうね。

詳しくはレゴ サイエンスより。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク