「プレステ ヴィータ」(PlayStation Vita)はスカイプ電話が使えて価格は2万4,980円、発売日は11月

スポンサーリンク

次世代PSPである「プレステ ヴィータ」(PlayStation Vita)の価格が日本では2万4,980円、発売日は11月に決まり、プレステファンには11月が待ち遠しいようですが、その「プレステ ヴィータ」に今度はスカイプ電話やTwitterなどのソーシャル機能のアプリが開発・対応したことが発表されました。この戦略の意図とは?

image

専用の無料アプリでスカイプ電話やSNSを

「プレステ ヴィータ」(PlayStation Vita)はPSゲーム以外にネットに接続したブラウザでWebサービスを利用することができます。その中には当然ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)も含めれるわけですね。

しかし今回の発表では、プレステ専用のアプリが無料ダウンロードできるように用意され、快適に上記のSNSを利用可能になるとのこと。その無料アプリの中に、無料電話のスカイプが含められるということで話題になっています。以下が無料ダウンロードできるアプリ一覧です。プレイステーション® オフィシャルサイト

  • スカイプ(Skype)・・・スカイプ同士は無料のネット電話。固定電話や携帯電話へも格安の通話料です。
  • ツイッター(Twitter)・・・ミニブログで互いにフォローすることで交流するサイト。
  • フェイスブック(Facebook)・・・実名登録型の世界ナンバーワンの交流サイトですが、日本では一部の利用者にとどまっている。
  • foursquare(フォースクエア) ・・・2011年8月にオバマ大統領も登録したそうです。チェックインとよばれる現在所在地重視の交流サイト。

スカイプは当然IP電話の一種ですから、ネット接続が基本です。「プレステ ヴィータ」3G回線(携帯回線)対応モデルもあります、日本ではおそらくSIMカードを購入して利用できるようになると思います。それでも主に公衆無線LANや家庭のブロードバンドのWi-Fi接続でスカイプ利用が想定されています。

スカイプ対応の意図は?

しかし、「プレステ ヴィータ」の主な想定利用者層であるティーンエージャーが、どこまでそのSNSをはじめスカイプ電話などを利用するかは未知数ですね。少なくともこの日本ではあまり利用されないような気がします。ツイッターやフェイスブックで交流を楽しみながらゲームをすることは少しはあるかもしれませんが、無料とはいえ電話しながらゲームをするでしょうか?

しかし、一昔前にPSPで遊んだ世代(ゲーム卒業世代)はどうでしょうか?そのプレーヤーたちは大人になり、ゲームの世界からは足が遠のいているかも。今ではPCや携帯、スマートフォンでツイッターやフェイスブックを多用しているかもしれません。

そのゲーム卒業世代が、懐かしのPSPが新たに「プレステ ヴィータ」として生まれ変わり、再び興味が掻き立てられ、加えて自分が今楽しんでいるスカイプ電話やSNSが快適に利用できるという話題を聞きつければ、その新PSPを触ってみたくなるかもしれません。

image

スポンサーリンク

価格と発売日

さて、年末商戦で関心が高まっている新PSP「プレステ ヴィータ」(PlayStation Vita)ですが、価格は上記のようになっています。

・Wi-Fiモデル・・・・・2万4千980円
・3G/Wi-Fiモデル・・・2万9千980円

これでも以前よりはお買い得だと思いますが、最近のゲーム機の相次ぐ値下げ、たとえばニンテンドー3DS(約1万5千円へ)やソニー自身のPS3(2万4,980円へ)の価格引き下げが影響して、「プレステ ヴィータ」自体の値段も安くなったりすれば盛り上がりそうですけどね。発売日は11月ですよ。

2011年9月14日追記:3G/Wi-Fiモデルはドコモの回線を利用することになり、発売は12月17日になりました。

・3G/Wi-Fiモデ
スポンサーリンク

フォローする

関連記事