これぞ男の中の男だ!山本暁 氏は妻の介護で町長辞職!兵庫県上郡町の宝!

スポンサーリンク

最近私も含めて男らしい男といえる人の話題は少ないですね。そかし、今日の産経新聞でまさに男の中の男といえる人物が紹介されていました。兵庫県上郡町の町長である、山本暁(さとる)氏です。脳内出血で倒れた奥さんの介護は「自分以外におらず」として、町長の職を辞することにされたのです。その決意の理由には?

image

政治家でこんな男らしい人を見たのは久しぶりのような気がします。政治家でなくても、奥さんの世話をするために会社をやめれる人がどれほどいるでしょうか?

「食べていかねばならないから!」とか、「町民から選ばれた町長だから」などという言い訳など一切せずに、辞職することになった山本暁町長はまさに「男の中なの男」であるに違いありません。

その町長の妻は本人より10歳年下ですが、今年(2011年)の6月に脳溢血で倒れられ、半身不随になり高度の要介護状態になってしまわれました。きっと身近なご親族や家族に介護できる人がいなかったのでしょう。MSN産経ニュース

「自分以外に妻を世話する者がおらず、介護に専念したい。町民には申し訳なく思っている」

と語り、町長辞職の決意の理由を吐露(とろ)されました。

”町長の職は自分以外にもこなせる人はいる!しかし妻には私しかいないのだ!”という言葉が聞こえてきそうな出来事ですね。

自分も同じような立場に置かれたら、同じようにできるだろうか?と自問してみると、すぐに「同じようにそうする!」とすぐに言えない自分が恨めしく感じます。本当に山本暁さんは男の中の男だと言って間違いありません。兵庫県上郡町HP

スポンサーリンク

フォローする

関連記事