NHKで紹介の天井に絵本を投影する「おやすみ絵本シアター」で親子の触れ合い!

スポンサーリンク

今朝、NHKのニュース番組「まちかど情報室」で子育てに役だつグッズが紹介されていて、その中で絵本を壁や天井に投影してお休み前に子供に絵本を読み聞かせるユニークなグッズ「おやすみ絵本シアター」が紹介されていました。これは子供が多くても親子そろって楽しめそうです。

image

絵本で親子の触れ合い

親ができる子供への最高のプレゼントの一つは何でしょうか?それは読書力です。読書力が向上するなら学力だけでなく、親子の触れ合いを通して心豊かで感情的に安定した大人へ成長できることが統計的に明らかになっています。

そこで子供が産まれたらすぐ、そうです、話し始める前から本の読み聞かせを始めねばなりませんね。まずは絵本からですね。

そこで壁や天井に絵本を投影してまるでスライド映画のように絵本を読み聞かせるグッズがNHKのニュース番組の中で紹介されていました。おもちゃ会社のタカラトミーから販売されている「おやすみ絵本シアター」というグッズです。こらなら数人の子供たちと寝っ転がって絵本の読み聞かせができそうです。

image

これはカセットになっている絵本の作品を本体にセットして、スイッチをいるだけで壁や天井に絵本を映し出せます。子供に読み聞かせんがら文字を学ばせ挿絵で創造性をたくましく育てます。なおナレーターによる朗読音声や効果音がありますが、親が子供に直接読み聞かせるのがお勧めです。この場合は「おうちの方のよみきかせ」モードを選択します。

image

使い方は簡単で、手元のリモコンで操作しながら本をめくります。途中に映像の左上に現れるびっくりマーク「!」(アクションマーク)のところでリモコンを操作すると、挿絵が動き出します。たとえば「もも太郎」が産まれるシーンがそれに該当します。

image

スポンサーリンク

「おやすみ絵本シアター」の詳細な性能

この絵本読み聞かせグッズ「おやすみ絵本シアター」は、平均的な日本家屋の天井の高さ2.4mへ投影すると、およそ80センチ四方の映像を見ることができます。

付属の物語カセットに含まれる作品は以下の10話です。image

・「もも太郎」
・「三匹のこぶた」
・「おおきなかぶ」
・「かぐやひめ」
・「おむすびころりん」
・「にんじんとごぼうとだいこん 」
・「きたかぜとたいよう 」
・「どっこいだんご 」
・「みにくいあひるのこ 」
・「うさぎとかめ」

他にも「ディズニー人気キャラクター」、「きかんしゃトーマス」などの別売りカセットが用意されています。子供が飽きないようになっていますね。(しかし子供は自分が好きな物語を何度でも聞きたいと思っていることも忘れないようにしましょう)気になるお母さん、お父さん方は おやすみ絵本シアター (モバイルからは ⇒おやすみ絵本シアターからどうぞ。

(モバイルからは ⇒

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. igu より:

    ディズニーやトーマスのカセットは6月時点で既に製造されておらず、入手できません。