お笑いデビューする方法!家庭、学校、職場で笑顔を誘え!

スポンサーリンク

家庭や職場で、自分では最高に面白いことを言ったつもりなのに、全くウケない!すべる!自分が楽しければそれでいいかもしれないが、できるなら家族や同僚に笑って欲しいものです。

今日のAsahi朝刊で日常でお笑いデビューする方法が記されていました。毎日の自分の身の回りを観察すれば、ネタがごろごろ転がっているようです。実際ネタを披露する場合や、自己満足の終わることなく、「間」を上手に置いて笑いを誘う必要があるようです。image

お笑いデビューする方法

上記の新聞記事では、笑いでデビューする以下の方法がリストアップされていました。そのいくらかをピックアップして、自分でやってみたいことを加えてみます。

古典落語を聞いてみる
・・・落語はネタの宝庫だけでなく、間の取り方など笑いをとるテクニックが絶妙!それをそっくりまねしてみることが、自分のネタの提供の仕方に磨きをかけることができるらしい!私は古典落語では、「子別れ」をよく聞いていました。

日常の何気ない出来事をよく観察して「あるあるネタ」をメモ
・・・これが一番役立ちそうです。普段何気ない会話、出来事、家族のしぐさ、はまさに共感を呼ぶネタで満ちています。

好みの芸風を持つ芸人の笑いをとる方法やネタを分析するimage
・・・実は私は機知に富む話は苦手で、一発芸的なものばかりをマネる傾向があり、家族からひんしゅくを買います。そこで少し視野を広げて、家族を何気ない会話で引きつけて笑いをとる芸風を習得したいですね。

自分の失敗を笑いに変えてみる
・・・実はこれが一番身近な隣人を元気付けそうな方法です。自分の失敗談など時にはつらいこともあるかも。たまにはまだそこから立ち直っていないかも。しかしそれこそ笑いのネタにするなら、自分がその失意から立ち直れるきっかけを得ることができるかもしれませんし、そのネタを聞いた家族や友人は共感を覚え、今の自分の抱える問題も小さく見えるようになるかも。

以上が、上記の新聞記事を参考に、家庭や職場で新たに「お笑いデビューする方法」としてまとめてみました。チャレンジしたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事