突然の終焉!家族が困らないために「もしもの時に役立つノート」を作成!簡易の遺言などの大人気エンディングノート!

スポンサーリンク

最近、人生をどのように終えるかをしたためるエンディングノートの作成が勧められているらしいのです。私の医療方針や葬式の方法、保険、ネット銀行の口座やネット収入の経路などをほとんど知らない妻や家族のために、エンディングノートの代表的なヒット商品「もしもの時に役立つノート」(コクヨ)を手に入れて、作成することにしました。

image

家族が困らないようにエンディングノートを!

実は私の父は突然病死でなくなりました。過労です。残された母や私たち子供たちは何の備えもなく、母はかなり苦労したようです。しかし私の妻や家族には、私の突然の人生の終焉においても、悲しみは仕方ないとして、煩わしい葬儀、保険、預貯金などの手続きに精神的な負担を強いたくありません。

image

最近はエンディングノートといって、人生をどのように終えるかに関する自分の希望・意思や資産状況をしたためるノートが流行しているとのこと。私も是非それを手に入れて、家族が困らないようにしたいと思いました。

特に私は、ブログやサイトの運営によってわずかであっても継続的なネット収入が発生していますし、通帳のないネット銀行にわずかばかりの預貯金があるからです。私の死後、それを知らないなら家族は生活費に事欠くことになってしまいますので、是非きちんと相続できるように残さねばなりません。

image

そこで朝日朝刊(2011年9月19日)で紹介されたヒット商品であるエンディングノート「もしもの時に役立つノート」が目にとまり、通販で格安で手に入れました。

スポンサーリンク

「もしもの時に役立つノート」

このワークブック形式の「もしもの時に役立つノート」(コクヨ)はエンディングノートとは言え、自分が突然入院した時にも役立つような情報を記入して残せるようになっています。以下の項目で書き込めるようになっています。

  • 自分の情報
    ・・・名前、住所、携帯電話、保険証、パスポート情報など。
  • 資産
    ・・・ネット銀行などを含めた銀行口座情報、自動引き落し情報、有価証券、不動産情報など。image
  • 保険・年金・ローン
    ・・・生命保険、医療保険、養老保険や年金の情報。借金やクレジットカード情報、電子マネー。image
  • 携帯・パソコン・WebサイトID
    ・・・携帯電話のメールアドレス、PCの契約プロバイダ。image
  • 宝物・コレクション
    ・・・これは面白いですね。タンスの中のお宝やレアなコレクションは貴重な資産などの情報を!
  • 親族・友人
    ・・・死亡した場合に連絡すべき親族や友人のリストと連絡先。
  • 医療・介護
    ・・・もし脳死状態になるなら、延命処置や臓器移植に関する希望。また介護をどのように・誰にしてもらいかなど。
  • 葬儀・・・
    どんな葬式にしたいか、仏式か無宗教形式かなど。また葬式の費用はどこから出してほしいのか・納骨場所など。image
  • 遺言・相続・・・
    正式な遺言書としては無理かもしれませんが、おおよその遺言や遺産相続に関する希望などを大まかに記せます。

付録

また付録として遺言や遺産処分に関する基礎知識も学べますし、大切や写真やCDを残せるケースも付属しています。大切な情報をCDにまとめて保存しておけるようです。image

私の生活はいたってシンプルですから、家族はほとんど困ることはないでしょう。しかし保険やネット収入・ネット銀行の預貯金は知りませんから確実に情報を残せるように、この「もしもの時に役立つノート」を活用したいと思います。特に14p「預貯金」や28P「WebサイトのIDについて」は十分に情報を残す必要がありますね。

もし、この大人気のエンディングノートに興味がある方は「 コクヨS&T エンディングノート<もしもの時に役立つノート> LES-E101 (モバイルからは ⇒コクヨS&T エンディングノート<もしもの時に役立つノート> LES-E101」からどうぞ。半額以下です。

(モバイルからは ⇒

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事