「読育」のすすめ!子どもを読書好きにさせる方法!「読育」で考える子どもへ

スポンサーリンク

子どもに寝る前などに読み聞かせる教育は、子どもに一生役立つ、かけがえのないプレゼントを与えていることになることは知られていますね。私は覚えていませんが、わたしの親も寝る前に絵本を良く読んでくれたそうです。

「読育」のすすめ!子どもを読書好きにさせる方法!「読育」で考える子どもへ育てよう

子どもの至福の時間の一つは親に抱かれて愛情をいっぱい注いでもらいながら、お気に入りの物語を読んでもらうことです。

実はこれによって、親は子供の一生に不可欠な素晴らしいプレゼント(財産)を与えていることになります。読み聞かせは子どもが読書好き、勉強好き、ひいては人生に難問に直面する時にうまく乗り越えられる思考力を培うように育てていることになるのです。これは最近広告で見た「読育」と関係しているようです。

さて、

  • 「読育」とは?
  • 読むことが好きになるように子どもを助ける方法とは?

「読育」とは?

「読育」とは、数件出版によると、

「読むこと」がすべての学習の基本となり、さまざまなチカラが育まれる。それが数研出版の考える「読育」のあり方です。単に知識を得るための手段としてだけ、文章を拾い読む。それだけでは、本当に必要なチカラを育てられません。「読むこと」を楽しみながら、自分で考え、自分で答えをみつけられるようになる。そんなチカラを養うことが大切です。「読むこと」がしっかりできるということは、課題に対する読解力が身につくということ。それはやがて、自分から学習する習慣へとつながります。
そして、どんな学問だって理解することができ、どんな難問にだって取り組むことができるようになるのです。

と記されていました。これは「読育」というよりは、教育の根本的な考え方ですね。最近のメール文化で育った若者たちのいわゆる話ことばでしか会話できなかったり、文章を掛けなかったりする現象が見え隠れしていることは、基本的な読書力の欠如が根底にあることは明らかでないかなと思います。

したがって、この読み聞かせに始まる「読育」は大人に求められる人生スキル全体(コミュニケーション能力、問題解決能力、学習能力、就業能力)の基礎中の基礎ですね。

スポンサーリンク

読むことが好きになるように子どもを助ける方法とは?

そこで親ががまず、子どもが読書好きになるように助ける必要がありますね。

胎教のススメ。

良く言われているのは、胎教です。子どもが生まれる前から、音楽をきさせたり、物語を正確に感情をこめて呼んであげたりするなら、生まれた時に子どもはすでになじみのある音を聞き、違和感を感じない様子。言葉を早く始める子どもは胎教を受けた子供に多いようです。

親のお手本

親がいつも静かに本を読んでいる姿は子供にとって一番の影響力があります。子どもは物まねの名人で、必ず親と同じことをしたがるのです。

愛情たっぷりの中で読み聞かせ

愛情たっぷりの中で読み聞かせて「読育」

言葉を話し始める前から、子どもを膝にのせて物語(絵だけではなく、文字入りの本)を感情をこめて読む習慣を毎晩取り入れることがとても大切のようです。文字を差しながらゆっくり感情をこめて読む。そうすると感情豊かな子供に育てることもできます。そうすれば子どもは読書は楽しいことと思うようになるそうです。

お気に入りの物語を何度でも

とくに子どもが好きな物語は何度も読み聞かせることが必要です。繰り返される言葉や文章は、子どもが早く言葉を話し始める土台を作るものになります。毎回違う物語から言葉のパターンを学ぶのは私たち大人でも大変ですね。

年齢に合わせた本を沢山与える

子どもは成長します。食べ物もミルクからご飯、肉、魚、野菜へ変化するのと同じに、読書も子どもの成長に合わせて栄養あるものにグレードアップしなければなりません。費用がかなりかかりますが、かけがえのない財産の子どもに与えることになりますので仕方ありません。友人や知り合いに本のお下がりをもらうのもいいですね。

以上「読育」の考え方にあるように、子どもが読書の習慣を身につけて考える大人に成長する上で親にはかけがえのないものを与えることができるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク