英単語の意味をルビ表示してくれるWebサービス「ずるっこ!」で語彙を増やそう

スポンサーリンク

こんな英語学習サービスがあったなんて知りませんでした。英文の各単語の上に日本語の意味をルビ表示し、覚えた単語は片っぱしからクリックして訳語を消し、様々な英語のWebページで学習を続けることができるサービス「ずるっこ!」です。専用のブックマーククレットあり効率的に学習を継続できそうです。

image

まず注意です。「ずるっこ!」のネーミングから早合点し、英単語を簡単に覚えられるサービスだと思ったら大間違いです。

基本機能は、あくまでも英単語を逐語的に訳していくだけです。しかし、覚えてしまった単語を非表示にできる機能もあり、その機能のおかげで覚えていない単語を集中的に学習できるわけです。つまり毎回違った新鮮な英文でも語彙を増やすことができるようになるので、英語学習に飽きがきません。

使い方は簡単です。ずるっこ!に飛び、翻訳したい英語のWebページURLを記入しって「ずるっこする!」ボタンを押すだけです。

マウスオーバーで別の代表的な訳語をポップアップ表示してくれます。文脈は考慮されていないのであくまでも辞書から主だった意味が羅列されます。

image

単語をワンクリックすると、訳語を消せます。もう一度クリックすると、再びルビが付されます。(と言うことは覚えた単語をクリックし続けていけば、英文を読みなっがら覚えていない語彙だけをチェックできるわけですね。)

image

またトップページ中ほどにあるブックマークレット「★ずるっこ!(zurukko.jp)で読む」をドラッグ&ドロップしてリンクバーに追加しておけば、

image

翻訳したい英語のWebページを表示中に、ワンクリックするだで訳語を表示してくれますよ。

image

「ずるっこ!」はIDで単語履歴を(サーバー上で)管理しています。ですからブラウザの履歴やCookieを削除しても、また別のPCの利用時でも、自分のIDを知っていれば、覚えた単語は表示されないわけです。

IDの確認と再スタートはトップページ右上の「複数台のPCをお持ちの方」をクリック。

image

IDをメモしておきます。また別のPCで翻訳や英語の勉強を再スタートする場合は、下部の入力窓にIDを入力して「OK」をクリック。

image

こんな気の利いた英語の学習サイトがあるなんて知りませんでした。英語のニュース記事を利用すると勉強に飽きがこなくていいかも。翻訳の仕事をしながらの利用もありかもしれまんせん。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事