最長357時間になったソニーの新型ラジオレコーダー「ICZ-R51」登場!番組録音予約とリピート再生機能は相変わらず

スポンサーリンク

NHKラジオで英語などの語学学習向けツールの定番の新型が登場しました。ソニーの「ICZ-R51」です。今回な内臓ストレージが2倍になり、最長357時間の録音が可能になりました。

image

NHKラジオで英語を学ぶためのツールとしての完成度がかなり高いソニーのポータブルラジオレコーダー「Rシリーズ」。「ICZ-R50」語学に最適化された178時間録音可能なラジオ(ソニー)の番組予約とリピート再生機能が役立つ

image

前モデルと同様に、20番組の予約録音、英語耳を鍛えたりシャドウ―イングで発音能力を向上させるための区間ICリピートはそのまま搭載されている新型機「ICZ-R51」ですが、その主な新機能は以下のとおりです。

  1. 録音時間が2倍に・・・前モデルの2倍にあたる8GBのメモリーを搭載。最長約357時間の録音が可能に。
  2. 時刻自動補正機能
  3. ライトボタン・・・暗い場所で液晶表示を見やすくするバックライト
  4. 時計表示・・・電源オフ時に時計として利用可能

ちなみに録音時間は、別売りのメモリースティック、SD、SDHCカード挿入するば、どれだけでも録音時間を伸ばせます。(しかし聴き溜めはしないことですよ。)

PCや他のモバイル端末との連携もできそうですよ。USB接続しなくても、PCを経由すればクラウドサービスやドロップボックスでスマフォとの同期も取れそうですね。(上手くやればの話ですが。)

image

日付カレンダーから検索できる機能もあります。ラジオの番組表を片手に過去にさかのぼって番組を検索するのに重宝しそうです。

image

しかしこの「ICZ-R51」はしっかり机に向かって英語学習に取り組むことが念頭におかれています。聞き流しで英語を勉強する人は最大30番組を予約録音して持ち運べる語学学習に最適なICレコーダー「ラジオサーバーポケット PJ-25」(オリンパス)みたいな、携帯性も兼ね備えたものがいいみたいですよ。

image

(ちなみに私はこちらを利用しています。)

なお上記の新型機「ICZ-R51」がリリースされたので、前モデル「ICZ-R50」は確実にお買い得になりそうです。語学学習に必須の機能はほぼ同じなので「ICZ-R50」で十分かも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事