[005]形式主語の<It is…to~ ,~ing>のItの意味は?-「英語の構文マスター」

スポンサーリンク

先回は、[004]天候・時間・距離・事情の<It>についてでしたが、今日はそれ自体は意味のない形式主語としての<It>の復習です。不定詞句<to~>や動名詞句<~ing>を表す<It>です。image

形式主語の<It>とは、真の主語が不定詞句<to~>や動名詞句<~ing>となっている場合です。構文は<It is to~>や<It is ~ing>の形をとります。

<It is to~>不定詞句

It is good for your health to keep early hours.「早寝早起きは健康にいいですよ。」(上記の画像参照)

解説:to keep early hours=真の主語となっている。

このタイプのは慣用句がたくさんあるようです。

  • 例:It is (of) no use to ~.「~ても無駄だ。」
  • 例:It takes 時間 (costs お金) 人 to ~ .「人が~するのに時間(費用)がかかる。」

<It is ~ing>動名詞句

It is not much fun doing housework.「家事はあまり面白くない。」

解説:doing housework 「家事をすること」が真の主語です。

このタイプのは慣用句として以下があります。

  • 例:It is no use(good) ing.「~しても無駄である。」

今日の「英語の構文マスター」はここまで。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事