「東大合格生の飲むコーヒー」(UCC)を飲んで東大合格する本当の理由とは?カフェイン倍増とぶどう糖で脳刺激!

スポンサーリンク

少子化でも高学歴を目指す受験現場は戦争が続いています。受験で「か○玉」のニュースが最近報道されましたね。とにかく受験する本人も親も先生も必死なんです。

UCC上島珈琲の 「東大合格生の飲むコーヒーはかならず美味しいのか?」

そこでUCC上島珈琲が面白いカップ入りのコーヒーを発売し始めるようです。 「東大合格生の飲むコーヒーはかならず美味しいのか?」という、疑問形で終わっているカップ入りのコーヒーなのです。これが本当に集中力を高め脳を活性化するなら、私の「朝活」のコーヒーに加えることを真剣に検討しますね。

では

  • この「東大合格性の飲むコーヒー」の開発の経緯は?
  • このコーヒが100%美味しいと感じる理由とは?
  • 「東大合格生の飲むコーヒー」で合格できる本当の理由とは?

この「東大合格性の飲むコーヒー」の開発の経緯は?

東大合格生のノートはかならず美しい

最近の受験生なら必ずや読んでいるといわれている文藝春秋社の「東大合格生のノートはかならず美しい」や「東大合格生のノートはどうして美しいのか 」などの編集する際に分かった事実に発見があったようです。それは、東大合格者に3人に一人がいつもコーヒーを飲んでいたという事実です。

東大合格生のコーヒーを日常的に飲んでいる人の中には、自分なりに工夫を凝らしてコーヒーを飲んでいたそうです。たとえば、脳の働きを活発にするブドウ糖や甘味料を加えたりしていたようです。(当然、カフェインを増やすために濃い目のコーヒーを飲んでいる東大合格者も多いはず)こらの発見が「東大合格生の飲むコーヒーはかならず美味しいのか?」とうコーヒーを生み出したようです。

スポンサーリンク

このコーヒが100%美味しいと感じる理由とは?

このコーヒーのパッケージは実に面白いですね。私なら、「東大合格できるコーヒー」とか「東大生の飲んでいる美味しいコーヒー」とするかしれませんが、UCCは「東大合格生の飲むコーヒーはかならず美味しいのか?」となっています。つまり、「本当においしいかもしれないので、一度味を確かめてね!」と言いたいわけですね。

私なんか、東大生は偏屈な人が多いというイメージがありますので、この「コーヒー東大合格生の飲むコーヒー」もクセのあるコーヒーかもしれないと思ってしまいます。しかし、実際にはかなり「おいしく」(UCCいわく)できているコーヒーなので、思わず「これっていけるかも」と思わせることになるのではないでしょうか?つまり誰でも100%美味しく感じるようにできているコーヒーと思います。

そのようにして試しに飲んでみた人のうち、3人に一人は次も買うのではないかな?

「東大合格性の飲むコーヒー」で合格できる本当の理由とは?

(以下は、東大受験生以外の受験生は読まないことをお勧めします。なんでやねん?)

勉強で脳の覚醒を図るためにコーヒのカフェインを2倍にしたり、ぶどう糖をサプリで飲んだりすることは誰でも簡単にできますね。というより受験生ならその多くがしていることですね。

では、このコーヒー「東大合格生の飲むコーヒーはかならず美味しいのか?」とうコーヒーでなぜ勉強の効率が良くなるのか?最大の原因は”暗示効果”、”偽薬効果”に近いものがあると思います。

医療現場でも時々、偽薬の効果性は普通の薬の効果と変わらないほど良く効く場合があることが知られています。これは「この薬は良く聞きますから、すぐに病気は治りますよ」と患者に信じ込ませて飲ませると、多くの患者は本物の薬と同じくらい早く回復することがあるそうです。(病気の種類にもよりますよ)。暗示効果も同じようなものです。

ですから、「東大合格生が飲んで勉強して、合格しているコーヒーなら私もきっと・・・」と考えながら、このコーヒーを飲むならきっとしばらくは集中力が高まるでしょうね。この連続が、受験生の成績アップにつながるはずです。

コンビニでカップで発売!

とはいってもこのUCCの「東大合格生の飲むコーヒーはかならず美味しいのか?」を発売したマーケティング分析と商品コンセプトは絶妙だと思いますね。たま、スターバックスのようにカップコーヒであることが「何かありそう?」とつい思ってしまうのは私だけ?

コンビニ限定ですが、発売がまちどおしい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク