WordPresプラグイン「Twitter tools」のバージョンアップ版のインストールと設定、使い方を日本語で解説!

スポンサーリンク

最近どうもWrodPressでの記事投稿と同時にTwitterへもタイトルとURLの投稿が失敗しているようだと思い、プラグイン「Twitter tools」の設定を見直してみると、勝手にアップグレードして「バージョン 2.4」になっているではないか!

TwitterAPIのアプリケーションの認証が複雑になって仕様が大幅変更になったようだ。日本語化されている様子もないので自力でプラグイン「Twitter tools」の設定を試みた結果、下記のようにめでたくWordPressとTwitterへの同時投稿に成功!

20100930123538

ではWordPressのプラグイン「Twitter tools」(「バージョン 2.4以降)の使い方を日本語で解説します。

「Twitter tools」(「バージョン 2.4以降)を使い方を日本語解説

「Twitter tools」のインストールをしていない方は、WPのダッシュボードからサイドバーの「プラグイン」をクリックし、最上部の「プラグインのインストール」をクリックして、下の画像のように「Twitter tools」で検索を掛けて、表示されたリストから「Twitter Tools2.4以降」選びインストールしてください。

「Twitter tools」のインストールとアップグレード方法

すでに「Twitter Tools」をインストール済みの方は、WordPessのプラグイン一覧で「Twitter tools」が2.4以上になっていることを確かめます。バージョンアップをしていないなら、バージョンアップをします。次に設定をクリック。

WPプラグイン「Twitter tools」のバージョン確認

上記のSettings(設定)をクリックします。プラグイン「Twitter tools」の初期設定がかなり変わりましたね。どうやらTwitterは自分のアカウントに使用するアプリを登録しなければならなくなったようですね。(まず、Twiteerの自分のアカウントにログインしておいてください。)

次に、下のようにTwitter’s app registration page をクリックします。 「Twitter tools」の初期設定の方法

そうするとアプリケーション登録申請画面になりますので、上記「Twitter tools」の初期設定画面にそって、入力します。といっても英語ですからわかりにくいですね。

「アプリケーション名」はTwitterという文字が入らなければ何でもOK。分かり易いなら説明は何でもいいです。

「アプリケーションのウェブサイトURL」は自分のブログのURLです。
「アプリケーションの種類」は「ブラウザアプリケーション」にチェック。
「コールバックURL」も自分のブログのURLです。
「Default Access type」は下記のように左側をチェックします。

「Twitter tools」の認証

最後に申請ボタンをクリックして、下のような「同意」画面がありますので、右側の「I Accsept」をクリックします。

Twitterからの確認

そうすると以下のようにConsumer Key、Consumer Secretを「Twitter tools」の初期設定画面に入れます。Access Token、Access Token Secret は以下のように右上の「・・・API」をクリックして表示させます。

Consumer Key の取得

Access Token の取得

Access Token、Access Token Secret が現れますのでこれも「Twitter tools」の初期設定画面に記入します。Access Token Secret の取得方法

そうすると無事に登録できたことが以下のような表示によって確認されます。

ブログ記事のタイトルとURLをTwitterへも同時投稿

ブログ記事のタイトルとURLをTwitterへも同時投稿

WPプラグイン「Twitter tools」では、ブログ記事の投稿と同時にエントリーのタイトルとURLをTwitterへも同時投稿したい場合は上記の画像のように「Yes」を入れるだけです。あとはタイトルに付ける既定の文字などの設定です。

Twitteerの投稿(つぶやき)をまとめてブログへ投稿

また「Twitter tools」では、上記とは逆にTwitteerの投稿の一日のダイジェスト版や少ない方は一週間分のダイジェストをブログへ投稿することも可能です。その場合は以下の画像のように設定します。

Twitteerの投稿の一日のダイジェスト版や少ない方は一週間分のダイジェストをブログへ投稿する方法

最後にPing送信せずに、WordPressのブログ記事を投稿して、Twitterへも投稿されるかテストしてみててください。

いかがでしたか?WordPressのプラグイン(「Twitter tools」など)もTwitteのAPI認証も日進月歩ですから、追いついてゆくのが大変ですね。とくに自動でバージョンアップする場合は注意が必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. […] 期設定ができません。「Twitter tools 2.4以降」の使用法はWordPresプラグイン「Twitter tools」のバージョンアップ版の設定と使い方を日本語で解説! :WordPress|アマモ場からご確認ください。) […]

  2. sman より:

    おはようございます。Pcafestoryというブログ兼HPの管理者です。昨年末からwordpressを使いwebsiteを構築しています。
    ツィターとの連携に関して詳細を教えて頂きました。ありがとうございます。これからも参考にさせて頂きます。(^^)  

  3. ぺん太 より:

    Twitter Toolsをインストールしたものの、Twitterの登録のところからつまづいてしまい、しばらく放置してました。本日、こちらを参考にセッティングしました。新着記事の投稿もばっちりです! ありがとうございました。