「Windows Live Writer」使い方ー入門編(1)多数のブログを一括管理・編集可能!その最大の特徴とは?

スポンサーリンク

このブログサイトはWordpressで運営していますが、記事の執筆はWPの管理画面「新規投稿」から行っていません。実はマイクロソフト「Windows Live Essentials」の中のブログ投稿・編集ソフト「Windows Live Writer 2011」を使っています。なぜか?20110417141917

では私がどのように長年「Windows Live Writer」を使っているのかを入門編、初級編、上級編に分けて説明したいと思います。

目次

今日は入門編(1)として「Windows Live Writer」で一体何が可能になるのかをご紹介します。

「Windows Live Writer2011」の特徴

私が3年間愛用している理由は「Windows Live Writer」の多数の機能の中でも以下の2つだけです。

  • スクリーンショットと画像の多彩な編集が超簡単。 ・・・
    一発で画面の切り抜きが可能であるだけでなく、その画像を装飾するなどの編集が可能です。

image

  • ブログのテーマ(デザイン)が反映された状態でコンテンツ(記事)の作成と編集が可能。 ・・・
    多くのブログサービスは記事作成窓で文字を記入して、投稿してみなければ実際にブログに反映した状態での確認はできませんが、「Windows Live Writer」では、見たままのデザインでブログを完成させることが可能です。image

他にも「Windows Live Writer」に無料のブログ投稿ツールとは思えない機能が盛りだくさんです。以下は主要な機能です。

ローカルで作成可能

オフライン、つまりネットに接続していないPC上(ローカル)でコンテンツの作成、保存、編集が可能です。コンテンツが作成できればネットにつなげて投稿ボタンを押すだけで、ブログサービスに記事をアップできます。
編集もPC上に記事をダウンロードして、編集・更新が可能です。

多数の無料のブログサービスに対応、一括管理・・・

実はこれが一番すごい機能かもしれません。多数のブログサービスに対応しており、それらのブログを「Windows Live Writer」で一括管理できます。その中には、Wordpress、MovbableType、TypePad、や無料ブログサービスである、JUGEM、Excite、EOブログ、はてな、blogger、ネットラピュータ、Just Blog、ココログ、ライブドア、Seesaa、FC2、gooブログ、みぶろぐ、などがあります。(一部制限された機能もあり。)

以上のようにマイクロソフトはブログ編集・投稿が快適になる素晴らしいフリーソフト「Windows Live Writer」を作ってくれました。本当に感謝します。

「目次」へ戻る